Trapeze / Hold On 美声

イメージ
Trapezeのラストアルバム。初期にはGlenn Hughesが在籍していたり、のちにWhitesnakeに加入するMel Galleyがいたりと聞く機会の多いバンド。そのラストアルバムでヴォーカルにUriah Heepに入ることになるPate Goalbyが美声を聞かせる。特に7曲目のRunningでは伸びのあるハイトーンで綺麗なコーラスとカッコ良い要素が多数。

Whitesnake / Snakebite カッコ良い

ブルージーな感じが

 カッコ良い1枚。
 1978年、David Coverdale主導のバンド。このアルバムではDavid Coverdale’s Whitesnakeの名前になっています。

 Come onとかBloody Maryとか軽快なロックンロール調な曲が並びますが、このアルバムのキラーチューンはAin't No Love in The Heart of The Cityでしょうか。
 しっとりしていてヴォーカルがエモーショナルというか情念みたいなものを感じます。


コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー