Trapeze / Hold On 美声

イメージ
Trapezeのラストアルバム。初期にはGlenn Hughesが在籍していたり、のちにWhitesnakeに加入するMel Galleyがいたりと聞く機会の多いバンド。そのラストアルバムでヴォーカルにUriah Heepに入ることになるPate Goalbyが美声を聞かせる。特に7曲目のRunningでは伸びのあるハイトーンで綺麗なコーラスとカッコ良い要素が多数。

George Lynch / Kill All Control 完全ソロアルバム

しっかり歌モノ

 George Lynchのソロアルバム。93年のSecred Groove以来の完全オリジナルのソロアルバムとのこと。それなりにソロ名義で出していると思いましたが、カバーだったり企画モノ的なのが多いんですね。

 全体としてはしっかり歌モノ。ギタリストのソロアルバムだとインストが多い中で歌中心の楽曲。Dokken風なドロドロしたイントロで始まりサビではキャッチーなメロディーがある80年代な感じの音が多い印象です。
 ギターも緩急があって、やっぱり上手いですね。3曲目のFly on The Wallなんて良い感じに欲しいエッセンスがまとまっていてカッコ良い。
 
 やっぱりDokkenを意識してなのでしょうか、インストの1曲がSon of Scary・・・。文字どおりMr.scaryの兄弟的な曲。この曲は賛否あるかもですね。



コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー