Richie Kotzen / Richie Kotzen 特徴ある音

イメージ
Richie Kotzenのファーストアルバム。1989年、19歳のデビューアルバムで全編ギターインスト。テクニカルなプレーが満載な1枚ですが特にジャズギターのような音使いが印象的。その中でも音が特徴的。TS的な感じというかミドルの音でエレキギターの抜ける音。この音でレガートプレーが売りな感じ。
 欲を言えば、歌が上手いのだからインストではなく歌曲であってほしかったなと。

Orianthi / Believe(II) Believeと迷うかも

名前の通り

 アルバム Believeの焼き直し的な感じです。
 Believeは非常にポップでまとまったアルバムだと思っていますが、数曲を入れ替えたりミックスし直したりした感じ。個人的にな渋目の曲を外してキャッチーな曲を入れたように感じました。

 元々入っていた曲もそのままではなく歌の出だしが変わっていたりなど撮り直し練直しがあって、比べて聴くとなかなか面白いです。

 全体の印象としてはよりロックな感じになっている気がします。Sunshine of Your Loveが収録されていますがこれがなかなか面白い。ギタリストとしてもロックが好きなのが伝わってくるのですが、ヴォーカルが良いです。色気のある歌、息遣いがロックな感じで良いです。


コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー