VEMURAM Jan Ray レビュー

イメージ
上品オーバードライブ 巷で評判、自作でコピー物を作っている人もいるらしい人気オーバードライブ。ネットの動画などを見ていても良い音な感じがするので購入。


 サイズはよくあるMXRサイズ、コントロールは4つと上部にトリマーあり。アダプターの位置はちょっと変わっていて左下。  マーシャル などを軽くクランチにさせておいてペダルを挟むと上品なオーバードライブサウンド。
 軽く弾いただけで「良いもの」感が感じられ人気があるのも頷ける感じ。
コントロールメインのコントロール メインのコントロールは4つ。Level、Gain、Bass、Treble。  レベルは結構大きい方。9時過ぎくらいでバイパスと同じレベル。個人的には少し圧力を感じた方が好きなのでちょっとレベルアップの10時くらいが良い感じ。
 ゲインは10時から12時くらい、イコライザーは12時くらいから微調整が良い感じ。
トリマー 上部にサチュレーションという名前のトリマーがついています。これが結構効く。メインコントロールのゲインよりもこちらが重要なのかもと思います。左に回すと倍音感というか騒がしさのようなものが増える感じでギターやアンプに合わせてセッティングすると良いのかも。  左に絞り切るとちょっと騒がしすぎる感じで、騒がしくないと感じるところまで右に回して調整するのが良いのかも。
音 音は程よくミッドが出てコンプレッション感も適度にあるいわゆるオーバードライブ的な音ですがジャリーン、と響く感じが気持ちが良い。  TS系な雰囲気も感じつつサステインもTS並に長くてリードプレイでも使いやすい。TSはミッドにぎゅっと圧縮される感じがするのでハードロック系に適した音ですが、こちらはTSよりも少しレンジが広くて立体感が出る感じで上品なおしゃれ音。  適度に上と下の雑味のある成分が切られて優しい音になるのでエッジの必要なHR/HM系をこなすのは工夫が必要か。
 良かったのは、TSを前段、Jan Rayを後段につないで、Jan Rayは踏みっぱなしでハードロック系の詰まった感じ欲しいときにTSを踏む、というのが良い感じ。


 ちょっと値段が高いですが、高いだけはあるペダル。しばらく使い込んでみようと思えるペダルです。他のVEMURAMのペダルも試してみたくなる感じ。

Lynch Mob / Lynch Mob センスの良いギター

全盛期のギター

 92年、Lynch Mobのセカンド。当時某Young Guitar誌でも奏法解説など多数特集されていたのを覚えています。

 前作も全盛期と言えるギターで、まさに鬼神のごとくエモーショナルなギターを弾いていましたが今回は巧さに振っている感じがします。
 全体的にクリアな音で音階の組み立てを行っていて、楽曲全体のディストーションギターの割合が少ない感じがします。ファーストはディストーションギターの圧力が全体にか
かっていた感じで男臭い感じがしましたが、セカンドはスッキリした都会的な雰囲気。
 それでDokkenの頃にはなかった感じのスケールやスーパープレーも繰り出します。
 
 楽曲としてもバリエーションに富んでいて1曲目のJungle of Loveはイントロからギターじゃない?!感じで意外でしたし、QUEENのカバーが良い出来だったり、7曲目のHeaven is Waitingはイントロのギターリフからミュートした高音弦のパーカッシブな感じだったり、ソロではストレッチフレーズを高速で行っていたりとメタルな感じから離れています。
 一方8曲目のI Want itではストレートなHR/HM的ドライブ曲でギターソロのタメ、泣きが期待したジョージリンチです。

 この作風になった一因がヴォーカルの変更でしょうか。ロバートメイソン、当時若干18歳?と宣伝されていたのを覚えています。前任オニーローガンよりも声域があるのですが線の細いタイプの歌を歌います。この雰囲気に合わせて都会的な楽曲にしたのかとも。

 未だに聞ける良いアルバムです。


コメント

このブログの人気の投稿

EP boosterのディップスイッチ

Suhr RIOT mini レビュー

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利