JImi Hendrix / Band of Gypsys ギターは良いけど

イメージ
Jimi Hendrixの生前の最後のアルバム。活動期間1ヶ月のちょっと寄せ集め的なライブらしいと。確かにドラムとベースがちょっと探り合っている感じで初期のアルバムと比べるとドラムの手数も少ない。バンドとして熱くならない感じがちょっと残念。そんな中でもMachine Gunはサイケデリックなギターソロ。一見ギターではないような音ですが、この時代を象徴するような感じ。ジミヘンのライブといえばウッドストックのアメリカ国家な印象もありますが、Machine Gunもなかなか。


Lynch Mob / Wicked Sensation 意地の感じるアルバム

これはGeorge Lynchの

 意地を感じるアルバム。

 Dokken解散後にジョージリンチが自身のバンドを作ってリリースしたファーストアルバム。これは良質のハードロックアルバム。

 とにかくジョージリンチの最盛期な気がします。鬼神の如き、と表現する人もいますがまさに言いえているかと。
 基本的にはブルーズロックをベースにした雰囲気でストレートな感じ。ひねりはないのですが素直に耳に入る。
 ソロに入ると鬼神の如き。速い人とか正確な人は他にも大勢いるのですが、とにかく抑揚があるというか平べったくない。当然素晴らしく上手いのですが、形容詞が 上手い ではなく 凄い です。

 で、そこに乗るヴォーカリストですがオニーローガン。コブシをまわすブルーズタイプなヴォーカリスト。それほど声域が広いとかきらびやかなシャウトがあるとかではないのですが、地味に上手くタメて歌うタイプ。
 
 この2人が合わさってモダンなアメリカンブルーズになっています。
 1曲目のWicked Sensationからシャッフルリズムのブルーズ風リフで始まり、ヴォーカルの第1声でガツンとくる。こういう部分は十分な存在感でジョージリンチに負けていません。

 アルバム的には多少一本調子なところもありますが、プレー的には最後まで一気に聞いてしまうアルバム。

 

コメント

このブログの人気の投稿

Suhr RIOT mini レビュー

EP boosterのディップスイッチ

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利