Trapeze / Hold On 美声

イメージ
Trapezeのラストアルバム。初期にはGlenn Hughesが在籍していたり、のちにWhitesnakeに加入するMel Galleyがいたりと聞く機会の多いバンド。そのラストアルバムでヴォーカルにUriah Heepに入ることになるPate Goalbyが美声を聞かせる。特に7曲目のRunningでは伸びのあるハイトーンで綺麗なコーラスとカッコ良い要素が多数。

ELECTRIC SUN / Beyond The Astral Skies スカイギター

スカイギター登場

 ELECTRIC SUNのサード。本作からスカイギターが登場。シングルコイルでハイポジションでも耳が痛くならない柔らかい音を出すというのはさすがギター仙人。
 高音域の天空な感じが素晴らしい。
 この音でのチョーキングとかヴィブラートが良い感じで「鳴っている」感を前に出します。

 ただこのアルバムは前2作と比べて曲があまり印象に残らなかったり、ここからSky of Avalon方向に行ってしまったりなので前2作ほど聴きどころがギターではないかも。




コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー