投稿

7月, 2016の投稿を表示しています

The Cult / Sonic Temple カルトといえば

イメージ
The Cultといえばこのアルバムでしょうか。さらにハードロック感を強めたアルバム。キラーはFire Womanでしょうか。イントロのアルペジオ的な始まりから徐々に各楽器が入ってきてリズムインしてからのリフがカッコ良い。
 6曲目のSOUL ASYLUMはLed Zeppelin的なリズム感を感じる曲。後乗りな感じがカッコ良いミディアムテンポ。変わって7曲目のNew York Cityはストレートなアップテンポで前乗り。半音階を使ったメインリフがカッコ良い。

Psychedelix / Smoky 十分な聞き応え

ミニアルバムですが  十分な聞き応え。96年のPsychedelix名義でSMOKYのセルフカバーが含まれたミニアルバム。これカッコ良いです。ジムコウプリーのドラムが良い音しています。ハイハットに表情がありつつスネアが高めの音で音抜けが良い。この音抜けがファンクな感じになっていて曲全体のノリを作っています。  このドラムに合わせてベースもリズムカルでよくマッチ。跳ねた感じの雰囲気にギターのカッティングが乗ってすぐに聞き終わります。
 まず1曲目の SMOKY。いうまでのないCharの代表曲のセルフカバー。ドラムとベースのリズミカルな雰囲気にギターのカッティング。エッジがあるけど柔らかいCharの音。シングルコイルの1つの理想の音でしょうか。
 あとは最後の5曲目。So Much in Love。これが良い曲。Jimi HendrixのLittle Wing的なイントロから始まるバラード。イントロのギターがカッコ良い。
 全5曲ですが十分な聞き応え。

Psychedelix / Stand ロックに回帰

ロックに回帰  サイケデリックスのサードアルバム。これまでのジャズ的というかアダルトな大人な夜の雰囲気からロックな感じに戻りました。余計な音もなくなりソリッドな感じに仕上がっています。印象が大きかったのがベース。これまでフレットレスベースでロック寄りというよりはジャズ寄りな感じのプレーでこれがサイケデリックスな雰囲気を作っていたのですが、ベーズ脱退によりロックなアプローチ。全く別のバンドのように雰囲気が変わりました。
 ギターはよりソリッドでエッジのたった音。シングルコイルの良い音が出ています。この頃のギターマガジンか何かのインタビューではアンプはマッチレスと言っていた気がします。
 ただ楽曲的にはちょっとムラがある印象でアルバムとしては後半がちょっと退屈になるかなとも。
 1曲目のStandは重厚なロックチューン。キメのブレイクのヴォーカルだけになるところがカッコ良い。  2曲目のMerry Go Roundはこのアルバムのキラーチューン。アップテンポでカッティングがカッコ良い。これもブレイクのカッティングのタイム感がノリノリになる。
 でも3曲目以降の印象があまり残らない・・・


Psychedelix / Psychedelix II アダルトな雰囲気

イメージ
よりアダルトな雰囲気  94年のPsychedelixのセカンド。これは発売当時よく聴きました。ファーストよりも曲自体はポップになりつつもギターの音が立つ感じで、ベースのフレットレスもキャラクターが立っています。
 ホーンセクションが入りそうなビッグバンド的な曲もあったりギターオリエンテットな曲もあったりバラードもあったりと多彩になりアルバムとしても楽しめます。ファーストよりも東京発のアダルトなロックな感じ。昔の六本木のようなアダルトな雰囲気が合う感じ。
 1曲目のRowdy Boysはギターロックな感じ。ミドルテンポにエッジの効いたドライブギター。間奏では珍しくツインリード。  In Youe Eyesなどゆったりした大人な曲を挟みつつ、5曲目のHey Jimi。これはJimi Hendrixを歌った曲。この曲は6弦をDにして弾いていますね。サビ最後のヴォーカル、ギターのユニゾンのキメがカッコ良い。
 またバラードを挟みつつ、Livin in Tokyo。ビッグバンド的なジャズ的なファンク的な感じがカッコ良い。  これで盛り上げつつラスト前のCrying  Shameがキラーチューンでしょうか。サビのメロディが印象的でフレットレスベースもブリブリ聞かせています。

PSYCHEDELIX / PSYCHEDELIX 90年代のChar

イメージ
90年代のCharの音  これまでのJOHNNY, LOUIS & CHAR、PINK CLOUDとは異なる音。PINK CLOUDはトリオで音の隙間を出す感じのトラディショナルなロックな感じですが、PSYCHEDELIXはジャズ寄りの音。  ギターもそれまでのPINK CLOUD系な音よりも少し柔らかい感じの印象があります。プレー自体は変わらずでリズミカルなカッティングを活かしたバッキングが印象に残ります。アンプで軽くドライブさせてコーラスを入れた音。
 ベースがフレットレスベース。フレットレスの独特な丸い音がジャズ感を出しています。
 ドラムがスネアの音が特徴あり。スコンと抜けるスネアでギターのカッティングとマッチしてノリノリになります。
 楽曲もPSYCHEDELIXではポップにまとめた感じの曲が多く、とても聴きやすい。  1曲目のMOVE ONはギターのアルペジオのイントロからサビの伸びのあるヴォーカルが印象的。2曲目のLet Me Try Your Shoes onではカッティングのバッキングとスネアが曲全体をドライブさせてノリノリになります。  それ以降もノリノリのインスト曲もあったり大人のバラードなどもあったりで、東京の大人の夜のようなアルバム。

HSAS / Through The Fire 隠れた名盤

イメージ
1枚限りの  スーパーパンドって感じでしょうか。ボイスオブアメリカなサミー・ヘイガー、ニール・ショーン、ケニー・アーロンソン、マイケル・シュリーヴというアメリカのロック・ミュージシャン4人が、ヘイガー、ショーン、アーロンソン、シュリーヴ(HSAS)名義で1984年に発表したアルバム。  典型的なアメリカンロックな感じで明るく伸びやかな音。サミーヘイガーのヴォーカルもニールショーンのギターも完全にそっち方向。
 アルバムの印象としてはニールショーンのギターがとにかくロックしています。サンタナでもジャーニーでもなくHSASです。ニールショーンのギターソロはジャーニーなどでも聞ける通り、1回し目はヴォーカルのメロディーを発展させた感じのロングトーン多めのプレーで、2回し目は1回し目の印象を残しつつ音符を詰め込む感じ。このソロの組み立ては印象が残るし曲としての一体感が出て良い感じ。
 キラーチューンとしては2曲目のMissing Youと6曲目のWinter Shade of Paleでしょうか。


Lionsheart / Abyss 戻ってきた感じ

イメージ
戻ってきた  2004年の4枚目。  ダイナミックな躍動感あふれるハードロックな感じが戻ってきた感じがします。このバンドはヴォーカルのSteve Grimmett以外はメンバーがチェンジしてたりするので実質ソロアルバムな感じかと思います。基本的にはヴォーカルの好きな感じで得意な音域や歌い回しが随所に。
 このヴォーカルは見た目はアレですが歌はうまい。ファーストの頃は男臭いパワー感ある声一本で攻めていた感じですが、このアルバムあたりでは少し声が枯れてきたというか伸びなくなってきた感じもありますが、逆にその枯れた部分を活かして表情をつけています。こういうのが上手いヴォーカリストなんでしょうね。
 8曲目のIf You Cut meなんて名曲だと思います。

Lionsheart / Under Fire 咆哮が聞こえないかも

イメージ
咆哮が聞こえない?  98年のLionsheartのサード。残念ながら咆哮が聞こえなくなりました。  セカンド同様にブルーズ感を出したアルバム。個人的には耳に残る曲も少なくちょっと残念な感じでした。なんというか期待していたブリティッシュハードロック感が薄い感じ。
 とは言いつつもよく聞くと、4曲目のLet the Children Playでは哀愁あるメロディが聞けますし5曲目のDevil's Trainではヘビーなリフで引っ張ったり、と良いものもあります。
 このバンドって雰囲気的にBad Moon Risingっぽい雰囲気も感じるんですよね。

Lionsheart / Pride in Tact 力みが抜けた感じ

イメージ
力みが抜けて  Lionsheartの94年のセカンド。ファーストと比べると無駄な力みが抜けて良い感じになったかと思います。ファーストは力んでいた感が音からも伝わってきて必要以上に男臭いというか汗臭いというか熱血柔道部のような感じでしたがセカンドは少し賢くなった感じの音です。
 ポイントはギターが抜けて別のギタリストになったことでしょうか。ファーストのギタリストはギターヒーローと言われるほど目立つわけではないのですがツボを押さえたプレーや様式美的なテクニカルなプレーもあったりで男臭い中で光る感じがありましたが、今回はブルーズ感が強い感じ。前作でスパイスになっていたピッキングハーモニクスもなくなったり音符を詰め込んでいたおかずも少なくなったりと。結果として曲全体の印象としては地味な感じになったように聞こえます。
 ただ楽曲的には前作であったようなCan't Beleaveクラスのキラーチューンはないものの、全曲で平均が上がった感じで良い感じ。
 このアルバム的なキラーは3曲目のI Beleave in Loveと7曲目のGods of Warでしょうか。

 一般的に名盤といわれるのはファーストの獅子の咆哮ですがこのセカンドもなかなか。獅子の咆哮で終わっている方は是非聞いてみると良いかと。

Lionsheart / Lionsheart 地味だけどよくまとまった1枚

イメージ
地味だけど  よくまとまった1枚だと。93年イギリスのロックバンド。パワーのあるヴォーカルとそれほど目立つわけではないのですがツボを押さえたギターが良い感じだと思っています。
 雰囲気として近いのはWhitesnakeだと、特にヴォーカルがデビカバに似た感じの押し出し感のある声を出す感じなので特にそう思います。アルバムの邦題が獅子の咆哮なのでが、まさに咆哮というのがぴったりなヴォーカル。
 曲的にはwhitesnake的なブルーズ感はあまりないのですがキャッチーでコンパクトにまとまった楽曲も並んでいたりでまとまった1枚です。
 このヴォーカルはとても良い声で表情があってうまいヴォーカルなのですが見た目がちょっと、というのはメタルファンの声。
 音としては英国バンドのイメージ通り湿った感じ。全体の音も重心低め、リバーブの効いた雨の日のような音。このバンドの音に男性的な野太い感じのヴォーカルが良い感じで乗ってきます。
 楽曲としてはキャッチーなメロディでドラマチックな展開があったりでポップな感じもあったり様式美的な感じもあったりで楽しめます。
 キラーチューンは5曲目のCan't Beleaveでしょうか。デビカバのような唸り声のイントロから始まり、リズムインしてからBメロのギターバッキングのジョンサイクス的なフレーズで曲の表情が出てます。  サビは美コーラス。サビ後のつなぎでドラマチックに持ち上がって間奏のギターソロ。


Cacophony / Go Off !  変わらないツインリード

イメージ
変わらずにツインリード  88年のCacophonyのセカンド。Speed Metal Symphonyで見せた高速ツインリード。この方向性は変わらず、もっと密度の濃いアルバムとしてミドルに集中させたような作りになっています。音質的にという意味ではなく感覚的に。なんというかスラッシュ的な密度感というかそういった感じの音に。
 ギターとしては変態度が増した感じ。Steve Vaiなんかも変態な感じがしますが、Steve vaiは知的な変態。こちらはえげつない変態。
 この後、マーティーさんはメガデスに。ジェイソンベッカーはダイヤモンドデイブのバンドに入りますが、こちらでは2人ともそれほど変態感は出ていないのを見るとGo Offでは何かが振り切れたのでしょうか。
 とにかくギターを聞くためのバンド。他のパートはいらない。


Cacophony / Speed Metal Symphony 東洋的とクラシカルなメロディ

イメージ
東洋的なメロディとクラシカルなメロディ  マーティーフリードマンとジェイソンベッカーの2枚看板のバンド。87年でマーティーさんがメガデスに加入する前に組んでいたバンド。
 二枚看板の高速リードが売りです。マーティさんの東洋的なメロディとジェイソンベッカーのクラシカルなフレーズの対比が結構面白い。
 アルバム最後のタイトル曲 Speed Metal Symphonyで2人のキャラの違いが堪能できます。東洋的な泣きの入った点で突くようなフレーズとジェイソンベッカーの西洋的クラシカルな速弾きでの線のアプローチ。  この曲は10分弱ありますが構成も大曲的で展開も素晴らしく飽きません。クラシカル的な大きな振りの出だしから高速のツインリード。  落ち着いてロングトーン中心のタメが効いたメロディプレーズ。  ドラムのビートが聞いてからクラシカルなコード感を活かしたフレーズからベートーベンの運命のようなフレーズ。  その後アップテンポになりツインリード。  このまま盛り上がるかと思いきや演歌に!!
 ギターは聞き応えがあります。
 アルバムとしては2枚看板のおかげで他が弱く感じる。ドラムもベーズも地味ですし何よりヴォーカルが弱い。
 とにかくギターを聞くためのアルバム。ジェイソンベッカーには治ってほしいな


Bogner Ecstasy Red Pedal 使っていてちょっと気になるところ

気になる点
 実際に購入して1年半くらい経ちます。Bogner Ecstacy Redペダル。  このブログのアクセスを見てもBogner Ecstacyなどでのランディングが非常に多く、気になるペダルなのかなと思います。
ペダル自体のレビューMarshall JCM2000とのセッティングについては以前記しましたが、このペダルの思ったところについて書きます。
それはGainのつまみ  Gainのつまみ。これは歪みをコントロールするつまみなのですが、このつまみが気になります。  どちらかというとハイゲイン系なペダル。JC-120のような完全クリーンなアンプであったり宅録な環境であれば問題ないかと思いますが、実際にスタジオでMarshall系のアンプを使う場合にちょっとGainで気になる点があります。  どうしても真空管系のアンプを使うとクリーンチャンネルといえどもパワーアンプ側で歪みが出たりします。それにハイゲインのBogner Ecstasy Redを入れると想定よりも歪むというか中域に詰まった音に。  気になるので歪みを減らそうとGainつまみを絞って行くとボリュームが落ちて行くと。
 そもそもローゲインが欲しい人ば別のペダルを買え、ということなのかもしれませんが微妙なGain設定ができない(Gainを減らすとボリュームがゼロになってしまうのである程度Gainを上げなければならない)というのはちょっと困ってしまう場合があります。  つまりオーバードライブをブースター的に使うのに、Gainをゼロにして・・・というのは使えないペダルということになります。
 この辺りはGainゼロでも音が出るように設定してもらえると最高に良いペダルになっているかなと思います。特にMarshallのブースターとして歪みペダルを選定する人も多いかと思いますのに。


320design Brown Feather レビュー

イメージ
抜けの良いディストーションペダル  話題のディストーションペダル。名前にBrownとつくのでどの音を目指しているのかは一目瞭然。一度スタジオでお試しで音を出してからずっと気になっていたのですが、手頃なのが売りに出されていたので買ってきました。
 BrownというとEVHなのですが、まさにそれ系の音。特に初期のザクザクしたハムバッカーと改造マーシャルの音。  サミー期のさらっとしたEVHの音ではです。  大きさとしてはそれなりに大きい部類。それなりに高さがあるのでボードに組み込む方はちょっと気を使うかもですね。裏側はゴム足等もないのでマジックテープ等もつけやすく良いかも。  重さも大きさの割に重くないです。アルミ筐体らしいのでその辺りが重さに影響があるかも。  上部にはオンオフのスイッチとLED。珍しいのはつまみが横についています。この辺りは実際にオンオフをするとわかりますが、意外に使い勝手が良い。ステージなどで踏む場合、間違って足が当たりつまみが動いたりすることもありますが、つまみが横についていればそんな間違いは起こらないと。  ただちょっと大きいのと横につまみが付いているのもあってギターケースのポケットに詰め込んで・・・というのは少し気を使うかもです。
 インプットとアウトプットは左右についています。上部についているペダルもありますが、この辺りは左右の方が使い勝手やボードへの組み込みはしやすいかと。アダプターはインプット横で少し上部(奥側)にあります。この辺りもボードへ組み込みやすい感じです。
音レビュー  実際の音出しをすると、それなりにGainがある印象ですが最近のハイゲインというレベルでもない感じ。Gainのセッティング次第ですがオーバードライブとディストーションの間にある感じでしょうか。  Gainは0でも音が出ます。回して行き12時くらいまでは歪みが増えて行きますがそれ以降は歪みは増えず倍音のみ増してゆく感じです。Gainは12時以降くらいにしたほうがブラウンサウンドっぽさが出ます。
 特徴的なのがwideとNarrowの2種のつまみ。  Narrowが一般的なトーンコントロール的に作用します。  Wideはアンプのプレゼンスのようなイメージで動きます。これがこのペダルの特徴でありBrownサウンドの要かと。このつまみを開けることで倍音が増えてブラウンサ…

Fair Warning / SUNDANCER 生っぽいサウンド

イメージ
RainMakerのような  前作がヘビーな路線に行ってこれまでのFair Warningとはちょっと変わったのかなと思いましたが、今回聞いたときにはRainMakerを思い出しました。  1st、3rdなんかはスタジオで音を重ねて作り上げた感じがあるのですがRainmakerは生っぽいというか、音の加工が最小限になっている気がします。SunDancerを聞いたときにも同様の感覚を持ちました。
 楽曲については幅広く揃っていて最後まで飽きずに聴けます。  1曲目のTroubled Loveとか2曲目のKeep it in The DarkとかFair Warningたる感じの曲になっています。ただ全体的に大人になっていて青臭さがないです。垢抜けているといえば良いのかもなのですがFair Warningには青春映画のようなクサさがあって欲しいと思うので、その点は残念。
 とは言いつつも非常にメロディアスにまとまった良いサウンド。青春映画であって欲しいというような思い入れがない場合には非常に良いアルバムです。

Fair Warning / AURA 音が変わりました

イメージ
印象が違いました。  復活第2弾。Fair Warningの6枚目。  最初に聴いた印象、1曲目をスタートさせて最初のイントロリフ。これまで想定していたFair Warningとは大きく異なる感じ。これまではどちらかというと重心高めの音。高めの音域を重ねることで重厚感などを出していたと思います。ヴォーカルのハイトーンの伸びだったりスカイギターの高温だったり。  今回初めて聴いたときには正直驚きました。ギターのリフが低音が効いたリフ。それほどハイゲインではないのでメタルっぽくはないのですがなんというか重厚な音。
 この辺りのバンドとしての音作りは好き嫌いがあるかもしれませんが個人的には良いと思います。
 楽曲としては安心の雰囲気。
 1曲目Fighting For Your Love、2曲目Here Comes The HeartacheはFair Warning節。オリエンタルな感じを出しつつのメロディアスHR。  3曲目Hey Girlで得意のバラード。  4曲目Don't Count on Meではミドルテンポのポジティブな雰囲気。
 と、緩急織り交ぜつつ飽きずに展開させます。
 ただ全体的に落ち着いた感じになってしまっているというか、惹きつけるものが薄い感じがしました。大人になって上品になったというか。何かをしながら聴くには良いかと思いますが・・・。  初期のFair Warningって「クサさ」というか、高校球児の熱い青春のようなキュンとくるものがあった気がして、聞く方もその青春映画的なクサさを求めている気がしますが、それが薄まったのは残念。

Fair Warning / Brother's Keeper 復活作

イメージ
復活作  2006年のFair Warningの復活作。復活後はちょっと印象が変わりました。これまではメジャーキーでパワフルな印象があったのですが、復活後は暗めでヘビーな印象。これはメンバーが変わったことも影響があるのでしょうか。これまでツインギターでそれぞれキャラがはっきりしていたのが、アンディが抜けたのでスカイギター担当のみになりました。
 個人的にはスカイギターも良いのですが、アンディのメロディアスなリードプレーがFair Warningのウリだと思っていたのでこれが聞けないのは残念。実際に聞いてみるとやっぱりメロディアスなリードと突き抜けるようなハイトーンの両方の対比があって面白かった感じがあります。当たり前ですがギターは高音になるにつれフレットの間隔が狭くなっているのでスカイギターレベルのハイトーンになると全音区切りのフレット。そうなるとどうしてもフレーズの幅も狭くなるし似たようなフレーズになってしまいます。  実際に今回聞いてみて思ったのがアンディがいないとちょっと単調になってしまってヘルゲのフレーズが手癖のように思えてしまって。
 と、言っても1曲目のDon't Keep Me Waitingなんかは耳に残るメロディに力強いヴォーカル、天空で響くようなハイトーンのギター、とFair Warningに求めるものが揃っています。  最初の1曲目を超える曲が以降には含まれないのが残念。

Fair Warning / 4 最後まで一気に聞ける

イメージ
一気に最後まで  Fair Warningの4枚目。前作でFair Warningの音が完成した感じでしたがアルバム的には後半が少し退屈な感じもあったり。この4枚目で完全にFair Warningが完成した感じがします。  キラーチューン的な楽曲はないかもしれないのですが、どこを切り取っても前作のAngel of Heaven的な品質。伸びやかな美声と美しいメロディ、スカイギターのリードと求めるものが揃っています。  音的にはスタジオで作り上げた感じの重厚なバッキングに美声や突き抜けるような高音のリードギターが乗って上と下の両方から攻めてくる感じ。
 このアルバムでバンドは解散なのですが、名盤には変わりがない。細かなことは考えなくても自然と耳に入ってきて心地よい気分になるというのは素晴らしいことです。


Fair Warning / GO! 見事な泣き

イメージ
見事な泣きのフレーズ  Fair Warningの3枚目。97年。バンドの1つの完成系かと。  特に前半4曲くらいはテンションの高さ、音、楽曲ともに最高水準になっており、 ヴォーカルの歌いかた、楽曲、スカイギターのフレージングとうまくバランスされたまとまりになっています。
 1曲目のAngel of Havenはイントロのギターから耳に残る。マイナー調で哀愁メロディー。ちょっと抑圧された感じのヴォーカルに間奏ではメジャーキーになり開放感のあるギターソロ。  2曲目Save Meは伸びやかなヴォーカルが特徴の珠玉のパワーバラード。  3曲目のAll On Your Ownもバラード。マイナーとメジャーのスケールを織り交ぜたギターソロが良い。アウトロではスカイギター。  4曲目I'll Be ThereはミドルテンポのFair Warningらしい曲。サビのメジャーキーでの盛り上がりはまさにFairWarning。
 後半が少し退屈になる感じもありますが、よく聞くと不思議な空気感の曲などもありアルバムとしては聞き応えがあります。


Fair Warning / Rainmaker チャレンジ作

イメージ
スカイギターを堪能  FairWarningのセカンド。ファーストと比べると音がシンプルになった気がします。前作はスタジオで作り上げた感じの音でしたが今回はシンプルでLive感が出た感じ。基本的なスタンスは前作通りですが長めの曲だったりダークな印象の曲が入っていたりと少しチャレンジな感じの曲も含まれていますが、全体的に品良くまとめられています。
 耳に残るのがスカイギターの高音フレーズ。このアルバムからスカイギターのハイフレットを活かしたソロが目立つように。今やすっかりこのバンドの看板的になったギターフレーズがこのアルバムから。
 1曲目のStars and The Moonはミドルテンポのヘビーなナンバー。メロディ的には1st通りの聞いていて安心する感じ。アウトロのギターソロではスカイギターを活かしたピロピロフレーズが。
 4曲目The Heart of Summerは安心の爽やかな曲。  5曲目のDon't Give upも印象的な曲。らしくないイントロから始まるがAメロに入るといつもの感じに戻りBメロからサビでFairWarningだと確信する。 
 11曲目のBURNING HEARTはこのアルバムのキラーチューン。サビのメロディが大好きです。クサいメロディなのですがそこが良いんですよね。

Fair Warning / Fair Warnig メロディアスHRの名盤

イメージ
美メロディ  ドイツのメロディアスHRバンド。ウリ・ジョン・ロートの弟のジーノ・ロートが中心となったバンド。  とにかく美メロディと綺麗な旋律が印象的。日本人好みの感じでしょうか。ちょっと悲しげで哀愁あるメロディだったり消え入りそうな儚い感じだったり。
 楽曲がキャッチーで良い。メロディもそうですがイントロのリフとかも耳に残る感じというか鼻歌が歌える感じで。
 ギターも歪んでいなくてクリアな音でセンスの良いコンパクトなプレーを決めています。こういうギターは参考になりますね。
 1曲目のLooking For Loveから耳に残る。Aメロの淡々とした感じからBメロに華やかになりサビで一気に派手なコーラスとともに盛り上がる。間奏のギターソロもドラマチックな展開。
 7曲目のOut on Runなんかはアップテンプのキラーチューン。イントロのギターがキャッチーで耳に残りますが、個人的に印象的なのはAメロのバッキングキーボード。映画007のテーマ曲が思い浮かんでしまいます。間奏のギターソロでは転調して間奏のインパクトを出しています。  8曲目のLong Gone。HRバラードのお手本のような感じ。メジャーキーのサビで壮大感が出ていてカッコ良い。ただ教科書的に出来すぎていて飽きるのも早いかもですが。

Suhr Koko Boost と Xotic EP-booster比較してみた

イメージ
クリーンブースター比較  Marshall使う際にはここ数年クリーンブースターでプッシュしています。アンプをクランチにして踏みっぱなしにして常時ブーストするだけでアンプが元気になるというか1ランク上がったような音になるので、アンプをクリーンにして下手なディストーションペダルを使うよりもずっと良かったりします。  踏むだけでアンプが変わるので今度はオフにすることができなくなります。
 ここ数年メインの使っていたのがSuhrのKoko Boost。これは通常のクリーンブーストとミッドブーストが切り替えられる銘品です。Koko Boostについて以前レビューを記しています
 ストレートに1つの音色のみで行く場合にはクリーンブースターが1つあれば良いのですが、局所的に違うGainを出したい場合、時に一部だけハイゲインにしたい場合などを想定するとブースターが複数あって踏み分けるもしくは複数踏む、というのができると良いなと思い人気のブースターXotic EP-boosterを買ってきました。こちらのレビューは別途記しています
 そこでせっかくなのでこの2台を比較してみることにしました。
外観など 外観は見ての通り、明らかにEP-boosterの方が小さいです。  縦及び高さはほぼ同じ。違いは横幅。横幅は3倍から4倍近くありそうです。  ただKoko Boostは上部にインプット・アウトプット等のアクセス及び電源系があり、EP-boosterはアクセス系は左右、電源は上部にあります。  実際にボード等に組み込むとなるとEPは本体サイズよりも横幅が余計に必要と思いますのでKoko Boostの半分くらいと想定するのが良いかと。
音の違い  クリーンブーストなので通常のクリーンブーストで比較します。ミッドブーストでは比較になりませんので。EPの内部ディップスイッチの設定はデフォルトです。ハイ強調と3dbのアップになっています。
 クリーンブーストで比べると、単純にはKoko Boostの方が低音が出るような気がします。ぴったり同じブーストレベルで比べることはできないのですがおおよそ聞いた感じですとそう感じます。  ただ内部のディップスイッチの通りハイ強調になりますので、音抜けというか音の輪郭が強調される感じですのでKoko Boostよりも締まった感じがあります。  低音がブ…

D.T.R / DARING TRIVAL ROAR きっとTAIJIのやりたかった音楽はこういうものかと。

イメージ
目指しているものがわかった気がします  D.T.Rのセカンド。前作と比べるとさらに音楽性が広がった気がします。前作ではアメリカンな雰囲気もあったりファンクな感じもありましたが、根底では純粋なHR/HMな流れがあったかと思います。セカンドではそれだけにとどまらずにハーモニーとか音の雰囲気が重視されて楽曲も単純なHR/HMではなくなったなと。純粋にロックとか勢いが好きな人はちょっと退屈な感じもあるかもですが、この辺りがTAIJIの目指したものなのかなとファースト、セカンドを通して聴くとわかるような気がします。
 1曲目のBORDERLINEでは直球のスピードナンバー。2曲目のI BELIEVEではちょっとメジャーキーなAC/DC調。3曲目のKILL TRAPはダークでヘビーなロックナンバー。  ここまでは一気に聞かせる感じですが、ここからが雰囲気変わります。ここからがTAIJIのやりたかったことなのかなと。Xなどでもちょいちょいその中では異色な曲を出していましたがそれが集まったような気がします。
 CHAINのような曲のハーモニーだったり、KALEIDOSCOPEのような浮遊感だったり。  聞きようによってはEAGLESのようだったりPINK FLOYDのようだったりもします。
 全体としては大人な1枚として聞き応えのあるアルバム。

D.T.R / DIRTY TRASHROAD マイナーだけどアメリカンな1枚

イメージ
これまでとは印象の違う1枚  元XのTAIJIがLOUDNESSを脱退したあとに結成したバンド。これまでの音とは大きく異なるアメリカンな感じのアルバムです。
 ヴォーカルの竹内光雄の存在感も大きいかと。低音の野太い声だったりAC/DCのような金切り声だったり様々な表情を見せます。  楽曲も様々。ツインリードを活かした曲があったりアコースティックな曲、パワーメタル的な曲。1枚聞いているとあっという間に最後まで。ジェットコースターのように一気に最後まで行く感じ。
 オープニングSE的に始まる1曲目に続いて2曲目のSHAKE MOREはヘビーなリフでアルバムが始まり、スピードナンバーのI DO。  3曲目のCYBERNETIC CRIMEまで一気に駆け上がります。3曲目ではAメロのベースの8ビート感がカッコ良い。プレー的には単純なんですがセンスがいりますよね。間奏のギターソロではツインリードを活かした印象的なプレー。
 中盤はクールダウンして4曲目のEMPTY ROOM。アコースティックな曲。開放弦を使ってルート音を下降させながらアルペジオ。ギタリストのアイディアですね。  SO WHATで16ビートなファンクな感じを聞かせて、DIRTY WINNERでAC/DC的な8ビート。
 後半は徐々にパワー感が戻ってくると。SIDE BY SIDEでアコースティックなイントロからパワーリフ。BE FREEでスライドギターがフューチャーされて、DUEL BEASTでパワー全開。
 1曲1曲もコンパクトで分かりやすくまとまっていて、アルバム全体としても緩急のついた最後まで聴ける1枚。


Xotic EP-Booster 購入レビュー

イメージ
手頃で高品質なクリーンブースター  以前より気になっていたものが安く売っていたので購入しました。実際に音出しをしてみてのレビューを書きます。
 最近クリーンブースターが流行っていて幾つか製品が出ています。クリーンサウンドを元気にしたりアンプのドライブサウンドをちょっとプッシュしたりとそこらのオーバドライブペダルよりも使い勝手は良いです。  その中でもそこそこ人気の製品。手頃な値段と小さいサイズ、適度なクオリティと買いやすいポイントが詰まっている製品かと。
外観など  つまみは1つ。Gainのみ。Gainと言っても歪まずに音量が上がるクリーンブースター。
 つまみが少ないのはセッティングに迷わなくて良いです。  大きさはMXRサイズと比べるとやはり小さい。  最近この大きさの製品が流行っている気がしますが、この大きさで電池まで内蔵できて、というのは素晴らしい。  ボードの中に組み込んでもレイアウトを考えなくても良いですし、ポケットに忍ばせてスタジオに行っても良いかと。  ただ重さはそれなりにある気がします。カタログスペックでは260gとなっていましたが、持つとずっしりする感じです。
 左右にインプット・アウトプットで上部にアダプターのインプットがあります。
 高さはそれなりにある感じ。小さくて高さがあるのでちょっと斜めから踏んだりすると不安定になったりするかもと思います。踏むときにはなるべくまっすぐ上から踏む必要があるかと。
 あとは標準でゴム足のようなものが付属しています。
 このゴム足のようなものがそこそこたかさがあります。2mmから3mmくらいでしょうか。これがあるとマジックテープでボードなどに固定するときには多少邪魔になるかも。  両面テープ等でマジップテープの底上げをしてつけてあげる必要があります。
 まあこのあたりはちょっとの工夫でクリアできると思いますので問題ないかと。
音はどうか  音ですがクリーンに音量が上がりますが、音量だけではなくEP-Boosterの音色になります。音量のみ上がるのでクリーンギターでも良い感じにアンプが1ランク上がったような感じになります。
 このあたりはクリーンブースターの特徴ですね。音量を少し上げるだけでハリとツヤが出てきます。つなぐだけで音が太くなるというのはこのあたりの効果でしょうか。
 内部のディップスイッチでハイのコン…