投稿

2018の投稿を表示しています

Eric Clapton / Backless ストラトの音

イメージ
Creamの頃やLaylaのような弾きまくりのギターはありませんが、要所でストラトの良い音が響くアルバム。ギターだけ聞くと地味かと思いますが、その分ヴォーカルが目立っているかと。

Eric Clapton / SLOWHAND 名盤

イメージ
461 Ocean Boulevardは聞きどころも多いアルバムでしたが、それ以降はレゲエな感じでゆったりしており、エレキギターの熱いプレーは少なかったように思います。このアルバムでは再びエレキギターを前面に出した感じの音。
 曲もそろっていてWonderful TonightやLay Down Sally、Cocaineなど代表曲が含まれると。Cocaineはギターリフがしっかりしてカッコ良いしWonderful Tonightはイントロのスローは入りが完成されている感じ。

Eric Clapton / No Reason to Cry 地味なアルバム

イメージ
1976年の4枚目のソロアルバム。レイドバックという表現だそうですが、ゆったりというかだらりというかリラックスした音楽が狙いのよう。ゲストミュージシャンも大勢参加したアルバムのようでクラプトンが遠慮しているようにも思えます。
 その中でも7曲目のDouble Troubleはオーティスラッシュの有名はブルーズナンバーですがギターソロが聞きどころ。

Eric Clapton / There's One in Every Crowd レゲエ

イメージ
I Shot The Sheriffの流れでレゲエを取り入れた感じのアルバム。2曲目のSWING LOW SWING CHARIOTはゆるいコーラスとゆったりしたギターのレゲエ。3曲目 Little Rachelもブルーズのカバーですがレゲエ。
 全体的にゆったりとして良いのですが、エレキギターを聞きたい人はちょっと退屈かも。

Eric Clapton / 461 Ocean Boulevard ゆったり

イメージ
前作のいとしのレイラに比べるとヴォーカルの余裕というかゆったり感が感じられるアルバム。1曲目のMotherless Childrenでノリノリな感じが続くのかと思いきや、2曲目のGive Me Strengthではまた違った雰囲気だったり。音楽的も幅広く好きな曲を集めたのでしょうか。
 キラーは5曲目のI Shot The Sheriff。ボブマーリーのカバーでレゲエを広めた曲とか。「ン・チャ、ン・チャ」って感じのカッティングが良いタイム感。このくらいのテンポのカッティングって難しい。

Derek And The Dominos/ Layla and Other Assorted Love Songs

イメージ
名盤。何と言ってもLaylaがキラーです。高校生の頃に初めて聞いてぶっ飛んだ思い出があります。カッコ良いイントロリフから始まりAメロで転調。サビでイントロのリフ。単純な2構成ですがカッコ良い。
 Layla以外にもKey To The HighwayやBell Bottom Bluesなど渋目のブルーズが並ぶ名盤。

Eric Clapton / Eric Clapton 良い感じのヴォーカル

イメージ
Eric Claptonのファーストアルバム。これまではギターに専念していた感じでしたがソロアルバムではヴォーカルも。ブルージーな曲にだるっとしたヴォーカルがマッチしていて良い感じのまとまり。個人的にはAfter MidnightとかBad Boyとかが良い感じ。繰り返し聞いてしまう中毒性。

Blind Faith / Blind Faith クラプトンは地味か

イメージ
クリームの解散後にエリッククラプトンが在籍したバンド。残念ながらStive Winwoodの存在感が大きくEric Claptonは地味な感じになっています。目立っているのがPresence of The Load。このバンドで唯一クラプトンが提供した曲で、ワウを使ったソロが良い感じに泣けてくる。

John Mayall and Bluesbreakers with Eric Clapton ブルーズの名盤

イメージ
Eric Claptonが短期間在籍していたブルーズバンド。レスポールとマーシャルの組み合わせの教科書的音のアルバム。HideawayやSteppin' Outなどな今聞いても名演感が褪せない曲。
 中でもキラーチューンは1曲目のAll Your Loveでしょうか。カバーですがしっかり自分のギターになっているところがさすがエリッククラプトン。



Y&T / Endangered Species ブルージー

イメージ
1997年、復活2作目。時代的にブルージーでダークな感じになっています。1曲目のHello,Hello (I'm Back Again)は前作のLong Way Downをさらにブルージーにした感じ。
 一転7曲目のStill FallingはForeverを思い出すような正統派なY&Tの名曲。

Y&T / Musically Incorrect 復活作

イメージ
1995年の復活作。時代的にダークな感じの音作りになっているのでY&Tらしくないなと思ったりする部分もありますが、よく聞くと佳曲もあります。
 I've Got My Ownなんかはリフ主体のアップテンポで聴きやすいですしNo Regretsは得意のバラード。哀愁のエモーショナル歌メロがカッコ良い。


Y&T / Ten 印象薄いかもですが

イメージ
1990年、10枚目のアルバムなのでタイトルはTen。
 初期の三部作(Earthshaker、Black Tiger、Mean Streak)のような哀愁メロディを前に出した代表曲があるアルバムも良いのですが、こちらは完成度って観点では良いかもと思います。
 ラスト曲のSURRENDERはメジャーコードとマイナーコードを巧みに使い分ける感じでキャッチーな曲構成な名曲。哀愁メロディが乗ったY&Tの完成系かもと思います。


Y&T / Contagious LAメタルの音

イメージ
1987年、RATTやVan HalenなどのLAメタルやBon JoviやDef Leppardのようなスタジアムロックが全盛だった時代。このアルバムもそれ系の音になっています。初期の湿度高めの哀愁というよりはリフ主体の雰囲気。
 そんな中でも秀逸な哀愁メロディは健在。TempationはY&T得意の泣きのバラードですしI'll Cry For Youはパリの散歩道的なインスト。

Y&T / In Rock We Trust 方向転換

イメージ
これまでの3枚は哀愁メロディのパワーバラード的な曲がキラーになっていましたが、このアルバムは明るいDON'T STOP RUNNING。ポップでアップテンポな曲。コーラスをメンバー全員で歌っている感じが楽しさを感じる。
 特にヴォーカルのデイブの声質も良い感じで響いている感じがカッコ良い。


Y&T / Mean Streak 日本人好み

イメージ
Y&Tになってから3枚目。1枚目、2枚目は名盤ではありますが曲のばらつきがある気がしました。キラーチューンはありつつも地味目の曲も含まれていると。このアルバムではそれが解消している気がします。
 MIDNIGHT in TOKYOではシャッフルリズムに乗った哀愁。逆に哀愁がくさすぎるかもしれませんが日本人的にはこのくらいが良い感じ。

Y&T / Black Tiger 変わらず哀愁

イメージ
Y&Tのセカンド。変わらずに湿度が高い哀愁バンド。アルバム冒頭、インスト曲のFrom The Moon。2曲目のOpen Fireのイントロのような位置付けで1曲目、2曲目の流れがカッコ良い。ゆったりとしたリードのFrom The MoonでテンポアップしてザクザクのOpen Fire。
 キラーはForeverでしょうか。泣きのメロディー。イントロからグッとくるギターが素晴らしい。


Y&T / Earthshaker 哀愁ハードロック

イメージ
1981年 Yesterday&TodayがY&Tと改名したファーストアルバム。
 サンフランシスコなのにブリティッシュ的な哀愁を感じるハードロックがカッコ良い。
 キラーチューンはRescue Youでしょうか。イントロのアルペジオからAメロに入るあたりがカッコ良い。アメリカのバンドなのに湿度が高い音でグッとくる感じ。
 ラストのI Believe in You もギターソロがカッコ良い。


Johnny Winter / ROOTS カバーアルバム

イメージ
2011年のアルバム。音も雰囲気も今風で聞きやすいブルーズカバーアルバム。Johnny Winterのルーツ的な曲を多彩なゲストでまとめたアルバム。
 音を聞いているとゲストの音が中心なんでしょうか。Johnny Winter自身の音やフレーズが目立っているわけではなく、その点では残念。

Johnny Winter / LET ME IN 90年代の音

イメージ
円熟したギタリストが枯れずに再び花をつけたような弾きまくりなアルバム。80年代からの流れのHR/HMブームがある気もしますがとにかくソロを弾きまくり絶叫しまくりな印象。
 そんなイケイケの印象の中で耳を引くのがスローブルーズのLife in Hardとドブロな音がカッコ良いLet Me inでしょうか。

Johnny Winter / The Winter Of '88 スライドギター

イメージ
88年、8年ぶりのメジャーレーベルからのスタジオアルバム。レーベルはポップな音楽性を求めたらしいですが、Johhny Winterは納得しなかったらしくこのアルバムの音は気に入ってないとか。
 でも変わらずに勢いのあるギター。アレンジ自体はロック寄り。気に入っていないといってもプレーは前に出る弾きまくりないかにもJohnny Winterな感じ。特に3曲目のStranger Bluesはカバー曲ですがスライドギターがカッコ良い。


Johnny Winter / Guitar Slinger シカゴブルーズ

イメージ
1984年のスタジオアルバム。シカゴブルーズのメンバーを集めて作ったブルーズアルバム。カバーアルバムになっていると。
 1曲目のIT'S MY LIFE BABYからのびのびとブルーズが弾ける楽しさが伝わってくる感じ。これまでの若いロックな雰囲気とはまた違う雰囲気。
 KISS TOMORROW GOODBYEなどギターも良いのですが、ヴォーカルも味がある感じでカッコ良い。

Johnny WInter / Captured Live ! 狂乱のライブ

イメージ
John Dawson Winter IIIの後のライブ盤。スタジオよりもライブの方がノリノリでカッコ良い。前に出るロックをしています。
 スピード感のあるギターでグイグイくる感じが聞きどころ。このアルバムとLive Johnny Winter andは2枚揃って名盤。


Johnny Winter / Nothin' But The Blues あえてブルーズ

イメージ
ブルーズとかブルーズロックとか言われる系のギタリストって、根っからのブルーズがベースにあってそこから8ビート的な曲に進出した感じのギタリストと、根っからロックのギタリストがスローブルーズなどに進んでいったタイプのギタリストの両方向がある気がします。個人的にはJohnny Winterは後者のロックギタリストだと思っています。あえて意識するためにタイトルにブルーズと入れているのかなと。
 このアルバムもロックからアプローチしたブルーズが満載。ロックを聴いている人には聴きやすい。

Johnny Winter / John Dawson Winter III 勢いのあるロックアルバム

イメージ
1975年のJohnny Winterの3枚目。勢いのあるロックアルバム。1曲目のRock & Roll Peopleなんてご機嫌な感じのロックナンバー。それに続くロック曲が満載。曲のタイトルもRockとかRollとかついたのが多い気がします。
 特に4曲目のRaised on Rockはベースがカッコ良い曲。
 邦題が俺は天才ギタリストってのが良いのか悪いのか。


The BonsaiとTS miniの比較

イメージ
夏に購入したJHS The Bonsai。もともと持っていたTS mini。どう違うのか。

 ライブやスタジオなどいろいろセッティングも試して検討してみました。

 目論見としてはJHSはTS miniの上位互換的な使い方ができればメインボードにThe Bonsai、サブボードにTS miniを入れたいと。

 結論としてはThe Bonsaiの808、The BonsaiのTS-9、TS miniと三者三様。微妙に音が違うと・・・。
 The Bonsaiのそれぞれの音はよくできています。がTS miniが含まれているかというとちょっと違う。これはそもそもTS miniが他のTSと少し違うのかもと思います。確かにTS miniは紛れもなくTSなのですがモダンな音になっていてトラディショナルな808やTS-9とは違う。今回それを再確認しただけの結果となりました。

 ボードとしては当初の目論見通りメインにThe Bonsai、サブにTS miniに落ち着きましたがTSminiは捨てがたい・・・。