Richie Kotzen / Richie Kotzen 特徴ある音

イメージ
Richie Kotzenのファーストアルバム。1989年、19歳のデビューアルバムで全編ギターインスト。テクニカルなプレーが満載な1枚ですが特にジャズギターのような音使いが印象的。その中でも音が特徴的。TS的な感じというかミドルの音でエレキギターの抜ける音。この音でレガートプレーが売りな感じ。
 欲を言えば、歌が上手いのだからインストではなく歌曲であってほしかったなと。

T&N / Slave to The Empire 現代版DOKKENか

なかなか楽しい

 現代版DOKKEN。ジョージリンチ、ジェフピルソン、ミックブラウンが中心の2013年のリリース。DOKKENのDon抜きのバンド。T&Nって名前はTooth and Nailの略。
 
 Dokken時代の名曲が5曲、7曲が新曲。

 音的にはクリアに録音されていてプレーがよく分かる感じ。ジョージリンチのギターは昨今の他のアルバムだと抑えている感じもしますが、こちらは結構イケイケな感じ。Dokkenの曲だからそう聞こえるのか、それともメンバーがDokkenメンバーだからそうなってしまうのか。

 1曲目のSlave to The Empireではジョージリンチの特徴 5th♭な音使い。これが聞けるとテンション上がります。

 Dokken時代の曲は4曲でゲストヴォーカリストを立てています。Alone Againのセバスチャンバックはなかなか面白いのですが、Kiss of Deathのティムリッパーオーウェンズは笑ってしまった。


コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー