投稿

ANGRA / Fireworks 民族要素減る

イメージ
セカンドでクラシカル要素が減り、今回のサードでは民族要素が減り正統派なメタルというか欧州的なメタルに。
 メタルっぽいという視点では4曲目のMETAL ICARUSでしょうか。疾走系ですがジャーマンメタル+クラシカルな雰囲気でもなく普通のメタルな感じ。イントロのリフがカッコ良い。
 また雰囲気良いのがGENTLE CHANGE。イントロのアコギから始まる優しい感じがよくまとまった聞きどころのある曲。


ANGRA / Holy Land クラシカルが減る

イメージ
ANGRAのセカンド。ファーストの完成度が非常に高いので多少地味な感じもあります。印象としてはファーストの ジャーマンメタル+クラシカル、な感じが薄くなり南米的なリズムが増えている感じ。
 4曲目のCarolina IVや5曲目のHoly landなど民俗音楽的な雰囲気が印象的。メタルな雰囲気とは違いますが、違和感なく溶け込んでいる感じが流石。
 ANGRAらしいのは8曲目のZ.I.T.O.でしょうか。流石キコルーレイロな感じのスピードメタル。

ANGRA / Angels Cry ブラジリアンメタル

イメージ
完成度の高いアルバム。ジャーマンメタル系にクラシカルなオマージュを入れつつ、ハイトーンヴォーカルな感じで最初に聞いた時には耳を引きました。
 1曲目のイントロ的な曲に続く2曲目のCarry Onがこのアルバムのキラーチューンでしょうか。HelloweenのEagle Fly Free的な雰囲気もありつつのハイスピードな曲。イントロのキレの良いリフをこの速度とこのキレで弾くのは結構ハイテク。


Alice Cooper / HEY STOOPID 豪華なメンバー

イメージ
変わらずにキャッチーなメタル曲で豪華なメンバー。オジー、スラッシュ、ジョーサトリアーニ、スティーブヴァイ、ヴィニームーア、ニッキーシックスと。
 キャッチーなメロディ満載で耳を引くリフ、カッコ良いソロと良い要素が集まった感じで1曲目のHEY STOOPID からイケイケな雰囲気。イントロのヴォーカルのヘイヘイいっている感じもカッコ良い。

Alice Cooper / Trash キャッチーな曲

イメージ
80年代らしい名曲感が満載のアルバム。外部ライターを入れたとのことで当時の流行り的な雰囲気や、Bon Jovi的な音が入っている感じです。
 1曲目のPoisonはAlice Cooperのダミ声とデモンズチャイルドのキャッチーなロック、美しいコーラスとのミックス。意外な感じですが結構カッコ良い。
 3曲目のHouse of Fireや6曲目のBed of Nailsも分かりやすいキャッチーな曲。まさに80年代な雰囲気で、Bon Joviが歌っても良いのではと思えるくらいの雰囲気。

Alice Cooper / Raise Your Fist and Yell LAメタル的な

イメージ
87年、LAメタルっぽい感じの音になったアルバム。1曲目のFREEDOMのサビがカッコ良い。当時のLAメタルってサビで曲のタイトルを連呼(コーラス含め)が多かった気がしますが、まさにそんな雰囲気で。
 3曲目のGive The Radio Backもギターがカッコ良かったりPrince of Darknessはリフが耳を引くし、9曲目のGailは荘厳な美しさがあってヴォーカルが切なく歌い上げる感じがベテランな感じ。
 聞きどころも多く良いアルバム。


ZENO / Listen to the Light 変わらずに美しい

イメージ
ZENOの3枚目。変わらずに美しく収納された楽曲。ほぼ個人プロジェクトのような感じになっているようですが、ギターは素晴らしい。Meet Me At The Rainbowなんて粘り気のあるトーンで迫ってくる感じですし、Follow The Windはハードロック的にぐいぐいくる感じ。
 個人的にはBoston的というか即興でその一瞬を捕捉するのではなく、コツコツと地道にスタジオでたし算をしていった音のように思います。


ZENO / Zenology メロディアスハード好きにはたまらない

イメージ
Zeno Roth率いるZENOのセカンド。セカンドといってもバンド自体はファーストの後に解散、87年から94年の間にコツコツと撮りためた曲を集めて1枚のアルバムに。
 1曲目のHeat of EmotionはFair Warningでもおなじみの曲。当たり前ですが路線は同じ。透き通るようなクリアな音でスッキリと美しいメロディが綺麗に収納されている感じ。
 アウトテイク集なので録音時期もヴォーカルがバラバラでちょっとアルバムとしてはまとまりのない感じもしますが、個々の楽曲としてはクオリティ高い。

SAXON / DESTINY 歌物

イメージ
完全に歌物にふったアルバム。
 1曲目のRide Like The Wind、クリストファークロスのカバーから。カバーですが結構カッコ良い。キラーは3曲目 I can't Wait Anymore。SAXONとは思えないAOR的な曲ですが良いメロディ。
初期のSAXONをイメージしなければ結構良いアルバムかと。

SAXON / ROCK THE NATIONS 低迷期

イメージ
Crusader、Innocence Is No Excuse、ROCK THE NATIONSの3枚はSAXONの低迷期でしょうか。アメリカ的な雰囲気を入れてジャケットも明らかにアメリカ市場的な雰囲気で出して、古くからのファンはイマイチな感じでしょうか。
 とは言いつつもSAXONらしさを取り戻しつつある1枚。1曲目のROCK THE NATIONSや2曲目のBattle Cryはリフも面白くSAXON純度が高い感じがします。イメージ的にはバイカーズメタルではなく戦争映画メタルな感じですが。


SAXON / Innocence Is No Excuse アメリカンパワーロック

イメージ
アメリカンパワーロック的なアルバム。ジャケットからしてこの当時のLA METAL的な雰囲気が伝わります。
 全体的にポップで聞きやすい雰囲気にまとまっていますが、前作よりもロックな感じになっています。1曲目のRockin' Againってのが前作からの出直し的な感じでしょうか。
 個人的にはBroken Herosがカッコ良い。ミドルテンポもバラードですがヴォーカルのヘタウマな感じが悲哀を感じます。どこかの映画のラストシーンのような雰囲気。



SLY / $£¥ 日本のスーパーバンド

イメージ
1994年分かりやすい日本のスーパーバンド。正統派なヘヴィーロックな感じ。路線としてはLOUDNESSの三期の低位な感じとも思います
 オープニングのCRY OF WARではヴォーカルがぐいぐい来ます。2曲目のKINGDOME COMEでも同じくヴォーカルがカッコ良い。LOUDNESSよりもカッコ良いのでは、とも思います。ドラムも同様。重く前に出る感じが耳を引く。

BABYMETAL / METAL RESISTSNCE 変わらずに声とのアンマッチ

イメージ
BABYMETALのセカンド。
 変わらずにバックの演奏と声がマッチしていない感じが面白いです。歌メロも普通のアイドルソングのような感じで若い女性ヴォーカル、それを無理にメタルっぽくした楽曲。あまりメタルを聞かない人がイメージする「メタル」、とにかくドコドコ・ピロピロしている感じを詰め込んだ感じ。そのくらい無理に詰め込んだ感じが良いのでしょうね。中途半端にカッコ良いものを狙うのではなくダサカッコ良いてきな。