投稿

Jeff Watson / Lone Ranger 8フィンガー

イメージ
Man in Motion発表の後に解散したNight Ranger。その後 1992年にJeff Watsonが作成したソロアルバム。Jeff Watsonのソロというだけあってオールインストで、8フィンガー入りまくり。オープニングのMountain Cathedralから8フィンガーの美しいフレーズ。ピロピロな感じでギターとは思えないフレーズの連続。
 と、ギターは満足なアルバムなのですが、欲を言えばやっぱりロックアルバムはヴォーカルが欲しいなと。


BOSS WL-20 接続OKなペダル XOTIC EP-booster

イメージ
便利ワイヤレス WL-20 接続OKなペダル2


 これも普通に接続するとWL-20の電源が入ります。

 ギターの次に接続するペダルとしてはチューナーかEP-Boosterくらいでしょうか。


BOSS WL-20 接続OKなペダル KORG Pitchblack mini

イメージ
便利ワイヤレス BOSS WL-20ですが、接続OKなペダル1


 KORGのPitchblack miniは接続OK.
 普通につなぐだけでBOSS WL-20の電源が入ります。


Jeff Beck / Blow by Blow 言わずもがな

イメージ
言わずもがな1975年の名盤。三代ギタリストって呼び方が昔からありましたが、最も職人的なイメージがあるJeff Beck。このアルバムはフュージョン的というかジャズ的な音が入った完全インスト。インストって正直聴きどころが難しいというかちょっと小難しい感じがするのですがこのアルバムはすっと入ってくる。ギターもディストーションやワウ、オクターバなどいろいろ使っているのが職人的。

BOSS WL-20 接続NGな例

イメージ
とても便利なワイヤレス WL-20。レシーバーをアンプもしくはペダルなどに接続しますが、やっぱり相性あり。

 ジャック横の小さい突起がレシーバーのスイッチになっていて、アンプやペダルに接続すると自動的に突起が押されることになるのでONになると。構造上ペダル等のナットの形によって突起が押されないことがあるのでは?と思っていましたが・・・。

(しっかり差し込んでもスイッチが押されない!) サブボードで使っているTC ElectronicのPolytuneがNGでした。差し込んでもスイッチが押されません。


Halford / CRUCIBLE モダンに変化

イメージ
メタルゴッドのソロ名義のセカンド。ファーストは正統派メタルな感じで、アップテンポ8ビートが多かったりパワーバラード的な曲があったりと懐かしかったり聴きやすかったりでしたが、こちらはモダンなメタルアルバムになった感じ。前作が80年代の延長にあるとすると今回は90年代モダンへヴィネスの延長に。
 そんな中でも4曲目のBetrayalは80年代の延長のようなキラーチューン。PAINKILLERなのかEXCITERかわかりませんが、その辺りを思い出させるカッコ良い曲。

Halford / Resurrection 正統派

イメージ
ソロ名義で正統派な音。1曲目のタイトル曲 Resurrectionのイントロからアカペラのハイトーン。超音波のようなハイトーンにアップテンポ。2曲目のMade in Hellのアップテンぴの8ビートでヴォーカルな合間のギターのテクニカルな面がメタルな感じ。3曲目のLocked and Loadedはミドルテンポの重心低め、ギターリフ中心でサビがキャッチー。
 アルバム全体的にはPainKillerな感じでしょうか。


Yes / Going for the One カッコ良いベース

イメージ
1977年 Yesの8枚目のアルバム。プログレッシブな音の要になるのはベース。やっぱりこのバンドはベースがカッコ良い。1曲目のGoing for the Oneからブリブリしたベースがドラムとよく絡む。3曲目のParalellsでもうねるベースでバンドを引っ張ってるなと。
 もちろんSteve Howeのギターも技ありな感じなのですが、やっぱりベースだなと。

David Bowie / Black Tie White Noise 復活作

イメージ
Let's Dance以降のソロ名義で復活作と言われたアルバム。Let's DanceでStevie Ray Vaughanがギターを弾きファンキーな感じな音になりましたが、なんとなくそれをイメージさせる音。ファンキーでジャジーでDavid Bowieらしいミックス感が良い感じ。1曲目のThe Weddingからベースラインが復活な感じですし、シングルのJust They Sayもカッコ良い。
 Creamのカバー曲が入っていますが、何度か聞いてやっとカバーだと気がついた。そのくらいBowieな感じにアンレジされてカッコ良い。

Devin Townsend / Physicist これも変わっている

イメージ
Steve Vaiのアルバムでなんというか奇才を感じたDevin Townsendですが、ソロ名義になっても変わらず王道ではないところを進んでいるような気がします。ヴォーカルのキレっぷりも良いのですがギターも上手いと。このアルバムでも1曲目のNamaste イントロから音の塊のような物を投げつけてくるよう。


Devin Townsend / Ocean Machine: Biomech 奇才

イメージ
Devin Townsendの名前を最初に聞いたのはSteve VaiのSex and Religionのヴォーカリストとして。当時から奇才などと言われていてSteve Vaiのアルバムでもキレキレのヴォーカルだったのは印象的で若者特有の怒り的な感情というか綱渡り感が満載の緊張感ある音でしたが、今回のアルバムはもっとスペーシーな感じの浮遊感のあるる雰囲気。

SLY / DREAMS OF DUST 暑苦しいが

イメージ
わかりやすい日本のスーパーバンドのセカンド。ファーストから引き続き重苦しいヘヴィー系。リズム隊が重いし何よりヴォーカルが暑苦しいと。ただ2曲目のタイトル曲なんかは全員が暑苦しい中にキャッチーな歌メロがあったりと暑苦しいだけではなく耳に残る感じも。メンバーがうまいので3曲目のShut up And Buyのラストのようなちょっとしたバトルのようなものも良い。

Cheap Trick / Cheap Trick ファーストと同じ

イメージ
1997年 ファーストアルバムと同じタイトル。豪快でストレートなロックでファーストアルバムを思い出しての心機一転な感じでしょうか。小難しくなく直球勝負な感じが耳に素直に入っています。1曲目のAnytime なんてドラムのループをずっと聞いていたい感じですし3曲目のCarnival Gameはビートルズ的な雰囲気のあるポップな曲ですが、ビートは重くてずんずん進むビート感がチープトリック的ロックな感じ。