GARY MOORE / Still Got The Blues ブルースロック

イメージ
1990年、これまでのHR/HM路線から一転ピーターグリーンに譲り受けたとの59年レスポールでブルースロック。ブルーズと言ってもマシンガンピッキングがないというだけで基本線はこれまでと大きくは変わらないように聞こえます。タイトル曲のStill Got The Bluesもパリの散歩道のようだと入れるとその通りで、何か新しいジャンルに飛び込んだかと言われるとそうではない気がします。HR/HMであってもブルーズと言われてもGARY MOOREの売りは泣きのギターでしょう。

George Lynch / Secred Groove 孤高のソロアルバム

方向性が

 わかりませんでした。93年、Lynch Mobを2枚出した後にリリースしたGeorge Lynchのソロアルバム。Lynch Mobがカッコ良かったのでこのまま続いてくれればと思っていた中で意外なリリースだったのを覚えています。George Lynchの目指す方向性がわからなかった記憶があります。

 タイミング的に方向性はわからなかったのですが、中身は素晴らしい。ギタリストのソロアルバムだとギターインストでテクニカルに押すのも多い中で、このアルバムは大半が歌入り。個人的にはギターとヴォーカルの絡み合いがロックだと思っていますのでこの方向は好きです。何より曲によってヴォーカルが異なると言いつつも、グレンヒューズ、レイギランなど名前だけで期待してしまうラインナップ。
 やっぱり良いヴォーカリストと組んで刺激があるのが良い感じがします。

 またジェフピルソンが参加しているのもDokkenファンとしては嬉しい。

 楽曲的には様々ありメローな曲からMr.Scary的な曲もあったりしますが、個人的なイチオシは5曲目のI Will Remember。ギターのタメと泣きが聞きどころ。音にならない消え入りそうな音が感情あらわになる感じ。


コメント

このブログの人気の投稿

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

320design Brown Feather レビュー