Richie Kotzen / Richie Kotzen 特徴ある音

イメージ
Richie Kotzenのファーストアルバム。1989年、19歳のデビューアルバムで全編ギターインスト。テクニカルなプレーが満載な1枚ですが特にジャズギターのような音使いが印象的。その中でも音が特徴的。TS的な感じというかミドルの音でエレキギターの抜ける音。この音でレガートプレーが売りな感じ。
 欲を言えば、歌が上手いのだからインストではなく歌曲であってほしかったなと。

ELECTRIC SUN / Firewind ハードロックな感じ

よりハードロックに

 ウリ・ジョン・ロート率いる ELECTRIC SUNのセカンド。
 ファーストは東洋的な印象が強かった感じなのですがセカンドはストレートなハードロックなイメージがあります。

 ギターは変わらずに躍動感があってカッコ良い。そして変わらない素っ頓狂な歌。歌と言って良いのかもわからない。完全にオンリーワンな感じ。歌が入るとニヤッとしてしまうのが癖になった証拠か。

 楽曲的には1曲目のCast Away Your Chainsでギター全開でスタート。歌が入るとずっこける感じもお約束通り。4曲目のFirewind。これはハードロックでカッコ良い。サビのあたりはオンリーワンな歌でもカッコ良い。
 
 前半はカッコよくノリノリな感じで進みますが、後半は何やら怪しげな術にはまったようなカオスな感じ。9曲目のHiroshimaなんかは不思議な緊張感と「ヒロ〜シ〜マ〜」で緊張感が緩む繰り返し。


コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー