投稿

ラベル(CD)が付いた投稿を表示しています

Riche Kozhen / Mother Heads Family Reunion カッコ良い

イメージ
これはカッコ良い。Richie Kozhenの4枚目のアルバムなのかMother Heads Family Reunionがバンド名なのかわかりませんがカッコ良い。ファンク風なロックのリズムにブルージーなリフとヴォーカル。ソロはレガート、とかなり個人的には好きな要素が散りばめられている感じ。タイトル曲のMother Heads Family Reunionはイントロのカッティングがカッコ良い初期の名曲。

Riche Kozhen / Mother Heads Family Reunion カッコ良い

イメージ
これはカッコ良い。Richie Kozhenの4枚目のアルバムなのかMother Heads Family Reunionがバンド名なのかわかりませんがカッコ良い。ファンク風なロックのリズムにブルージーなリフとヴォーカル。ソロはレガート、とかなり個人的には好きな要素が散りばめられている感じ。タイトル曲のMother Heads Family Reunionはイントロのカッティングがカッコ良い初期の名曲。

Richie Kozhen / Electric Joy 歌が上手いギタリストのインスト

イメージ
歌が上手いギタリスト Richie Kozhenのインストアルバム。サードアルバムになりますが、これまでと比べると格段に垢抜けた感じ。構成じたいはギター、ベース、ドラムだけでシンプルな雰囲気で、ロックな感じではなくジャズとかFunkな感じのインスト。1曲目のB Funkなんかは跳ねるリズムで心地よい。


Richie Kotzen / Richie Kotzen 特徴ある音

イメージ
Richie Kotzenのファーストアルバム。1989年、19歳のデビューアルバムで全編ギターインスト。テクニカルなプレーが満載な1枚ですが特にジャズギターのような音使いが印象的。その中でも音が特徴的。TS的な感じというかミドルの音でエレキギターの抜ける音。この音でレガートプレーが売りな感じ。
 欲を言えば、歌が上手いのだからインストではなく歌曲であってほしかったなと。

NICKELBACK / ALL THE RIGHT REASONS 捨て曲なし

イメージ
カナダのロックバンド NICKELBACKの5枚目アルバム。へヴィーな曲とメローな曲が半々くらいで飽きずに最後まで。
 3曲目のPHOTOGRAPHはヴォーカルの声がマッチした良い曲。メロディが耳に残るパワーバラード。BonJoviとかDef Leppardとかその辺りを思い浮かべる感じ。続くAnimalsは勢いのある男臭いロック。シンプルだけど残るリフがカッコ良い。

NICKELBACK / The Long Road オルタナとハードロックの良いとこどり

イメージ
2003年、NICKELBACKの4枚目。前作のSILVER SIDE UPに続くオルタナとハードロックの良いとこどりな雰囲気。耳を引くのは重心低めの音の中にメダル歌メロ。特にバラード系のそれは特に目立つ。このアルバムだと3曲目のSOMEDAYでしょうか。徐々に盛り上がる中で泣きの歌メロが目立つ感じ。男臭い感じでギターも盛り上がるのがカッコ良い。グランジ傾向よりもこういう方が合っていると思いますが。

NICKELBACK / SILVER SIDE UP 男臭いロック

イメージ
カナダのロックバンドの2001年のアルバム。派手さはないのですが男臭くてカッコ良い感じ。90年代以降のニルバーナ的な系統な感じでしょうか。ちょっと暗めで固まり感のある音。ヒットしたのもわかる気がします。2曲目のHOW YOU REMIND MEなんてメロディだけではなく雰囲気がキャッチー。自然に入ってくる感じが良い。ヴォーカルの声質が良いのでしょうか。4曲目のTOOBADも同じ雰囲気。

FIREWIND / ALLEGIANCE なかなか良い

イメージ
FIREWINDの4枚目でもっとも聴きやすくでパワーもある感じ。GUS Gがそれまで在籍していたバンドを全てやめてこれ1本に集中したとか。
 ギターに関してはバッキングは比較的に控え目な感じでしょうか。ただソロに入ると気合の入ったプレーを聞くことができます。このアルバムを聴くとまさに新しい世代のギターヒーローな感じがします。様式美的なフレーズも多いのですが、曲に合わせて自分なりに消化している感じがします。

FIREWIND / DAYS OF DEFIANCE オジー前

イメージ
FIREWIND 6枚目のアルバム。ギタリストGUS Gがオジーに入る前に出したアルバム。アルバム全体としてはパワーのある感じですが、キーボードの存在が大きい感じ。ギターとしてはテクニカルで上手いと思いますがまあそんな感じ。曲的にはスピード感のあるクサいメロディが売りな感じでしょうか。

FIREWIND / Few Against Many パワー

イメージ
Firewindの7枚目。正直Gus Gなるギタリストは知りませんでしたしFirewindというバンドも知りませんでした。ですがOzzyの新しいアルバムのギタリストがFirewindのGus Gというのを聞いて聴き始めました。このアルバムはOzzyとの活動を始めた後のアルバムなのでそこでの活動がフィードバックされているとか。確かに前作のDays of Difianceと比べるとギターリフがシンプルなような気がします。

AC/DC / Rock or Bust いつもの中にもちょっと違い

イメージ
いつもの音。ミドルテンポで勢いのあるギターリフ。シンプルですがAC/DCの個性でしょうか。1曲目のRock or Bust、2曲目のPlayball、3曲目のRock The Blues Awayまでその勢いで押す感じ。何よりギターの音が良い。シンプルでミドルを出したはっきりとした音。歪んでないのが良い感じです。
 ちょっと違いは4曲目 Miss Adventure。リズムがシンプルなロックンロールではなくちょっと粘りのある感じ。いうならファンクな雰囲気も少し感じる。AC/DCにはありそうでなかった感じでしょうか。


AC/DC / Black Ice 安心して聞ける音

イメージ
2008年のアルバム。良い意味でスタイルを貫いているバンド。ミドルテンポでザクザクしたリフのロックンロール、このアルバムも漏れずにその方向。
 1曲目のRock N' Roll Trainからカッコ良いリフでグイグイくる AC/DCサウンド。3曲目のBig Jackもリフがカッコ良い。Stormy May Dayはブルージーな感じが残る渋いサウンド。
 多少曲調の違いはあれどどこを切ってもAC/DCってのはさすがなアルバム。


AC/DC / AC/DC Live: Collector's Edition ベスト盤的ライブ

イメージ
AC/DCのライブ盤。定番曲が並んでベスト盤的な選曲。Let There Be Rockが入っていないのは残念ではありますがハードなロックンロールでスタジオ盤よりもノリノリでライブ盤を聴く価値があります。

AC/DC / Let There Be Rock ライブ定番

イメージ
ロック魂という邦題が素晴らしい。どっしりした8ビートでザクザクしたギターリフ。そこに独特なカナギリ越え。ライブ的にも定番曲が並び名盤的な感じ。
 1曲目のGO DOWNはロックアルバムのスタートらしくカウントからのリフ。もう全開にロックです。3曲目のタイトル曲はまさにロックここにあり的な曲。3コードなのですが展開がしっかりしていてロックの基本的な感じ。ラストのWhole Lotta Rosieはライブ定番。ガンズ他様々なバンドでカバーされているリフが印象的な名曲。


DEAD END / Live ACT 2 懐かしい音

イメージ
DEAD ENDのライブ盤。2枚組のうちの1枚ですが、懐かしい音。なんというか曲の音づかいが80年代の独特なジャパメタのそれ。透き通るようなヴォーカルにちょっと後乗りのスネア。特に4曲目のPhycomaniaのスネアが良い感じの後乗りで曲の世界観にマッチ。

RED HOT CHILI PEPPERS / I'M WITH YOU 昔のよう

イメージ
前作までアルバムの雰囲気をリードしていたギターのジョンフルシャンテが脱退。ギター独特のコード感あるフレージングがポップな感じになっていたのですが、ギター交代により相対的にベースが前に出る感じに。最初期の音のようになりました。
 とは言いながらもサビの歌メロはポップだしスタジアムバンドとしての風格のようなものも残っています。

RED HOT CHILI PEPPERS / By the Way 前作に続き

イメージ
8枚目アルバムで前作のCalifornicationの路線を引き継ぎポップな雰囲気を出しつつ、レッチリ風なしっとりさを継続したアルバム。とは言いつつもそれだけでは旧来のファンは退屈になってしまうので適度にファンクや派手な部分も織り交ぜながらというのがレッチリ。1曲目のBy the Wayはまさにそのような感じ。イントロは単音リフの上にポップな歌メロ。本編はアップテンポでベースリフ、時にはベースソロも入れながらグイグイ来る。ギターはファンクなカッティング。サビは一転してポップな歌メロ。



RED HOT CHILI PEPPERS / Californication 落ち着いた音

イメージ
ジョンフルシャンテの復帰作。前作のOne Hot Minuteは派手な音でしたが今回はシンプル。これまでのレッチリのミクスチャーなイメージを大きく変えた気がします。特にギターがファンクな感じよりはあまり動かないリフで、ポップな歌メロとも相まってソロでもしっとりした哀愁ある音を鳴らしています。
 6曲目のCalifornicationはしっとりと哀愁あるメロディでカッコ良い。

RED HOT CHILI PEPPERS / One Hot Minutes ハードなサウンド

イメージ
前作までと違い、ギターが違う。結果結構ハードなサウンドになっている気がします。5曲目のCoffee Shopなんかな結構ハード目にスラップで重心低めなベースが肝にななりますが、ギターもゴリゴリ来る感じが固まり感が出ています。
 全体的には以降のアルバムに続くようなファンクですが展開のはっきりしたポップな雰囲気もできつつある感じ。2曲目のAeroplaneはファンクな雰囲気がある中にも印象的な歌メロ。

RED HOT CHILI PEPPERS / BLOOD SUGAR SEX MAGIK 垢抜けた

イメージ
前作のMother's Milkで加入したジョンフルシャンテとチャドスミス。この2人が馴染んだ感じでバンドとして新しい域に入った感じがします。チャドスミスのタイトなドラムの上でフリーが曲を引っ張ってジョンフルシャンテのカッティングが曲の輪郭を揃える感じ。これはカッコ良い。キラーは9曲目のGive it Away。シンプルですがレッチリの代表曲的な感じ。サビの巻き舌?な感じで繰り返すのがカッコ良い。最後にBloack Sabbath的なリフがあるのは遊びごごろ。


RED HOT CHILI PEPPERS / Mother's Milk 名盤

イメージ
1989年 レッチリの4枚目。ギターとドラムが変わったおかげで音的にもだいぶ変わりました。特にチャドスミスのドラムが芯と尖のある感じで全体的にタイトな感じに変わった気がします。ギターもフロントのシングルの音が印象的な感じ。
 曲的にはジミヘンのカバー Fireがノリノリで良い感じ。チャドスミスのタイトな感じが余計に疾走感とファンク感が両立しながら進む感じがカッコ良い。