投稿

ラベル(Effector)が付いた投稿を表示しています

Vandenberg / 2020 復活

イメージ
Vandenberg 35年ぶりの復活。さすがに35年も経っていると過去の3枚の雰囲気を期待するのも厳しくすっきりした実直な感じではないのですが、現代的でベースの効いたマッチョな音になりこれはこれでカッコ良い。
 曲的には1曲目のShadows of The Nightからゴリゴリでカッコ良い。70年代のHRのようなシンプル構成の音を現代的な雰囲気で再現した感じの強さ。ハムバッカーのストレートな音がカッコ良い。ただちょっとだけ期待外れな感じだったのがBurning Heartのセルフカバー。オリジナルはスローなバラードな感じで枯れる感じがあったのですが今回は最後までヴォーカルの太さが残る感じ。これはこれで良いかもと思いますが過去の名曲を想像してしまうとちょっと違和感。


TRUE DYNA The Effector Footswitch Hat 買ってみた

イメージ
ペダルのスイッチのハットを買ってみた。
 目的は、曲中で踏み間違えないようにするため。
 バンドや曲によって大小あれどコンパクトエフェクターを並べたボードを持ってゆきます。最低限チューナーとオーバードライブ、ソロ用のブースターがセット。あとはバンドによって必要なフランジャーだったりフェイザーだったり。
 多いのはソロ時にブースターを踏んで、ソロが終わったらまた踏み込んでオフにするパターン。その時にあるのが間違えて隣のペダルを踏んでしまうと・・・。オーバードライブを踏んでしまったりチューナーを踏んでしまったり。
(安かったので試しに買ってみた)
 ハットをつけたいのはSuhrのkoko boost Reloaded。  買ってきて早速つけてみたが・・・・はまらない。  スイッチの頭が多少大きい様子。無理に押し込んでスイッチ本体が壊れると目も当てられないのでそれほど力も入れられず・・・
 Reloaded出ない無印のkoko boostも試してみたがNG。
ということで残念ながらお蔵入りに。物自体は悪くなさそうな感じなので残念。

Friedman BE-OD 内部トリムの調整

イメージ
Friedman BE-ODですが基本的にハイゲイン。ちょっと歪みすぎなわけですが裏フタを開けるとトリムがあってそこでゲイン量を調節できるらしい。

(フタを開けるのが面倒)
 基本的に歪みは少なくて良い。ただFriedmanの噛みつくようなアタックは欲しい。ということで内部トリムは最小に。

 内部トリムを最小にすると、歪み量の変化というよりは音全体が少しマイルドになる気がします。LOUDNESS的にアタック感強め、ハイ強めな感じでゆくのであれば内部トリム最小はなしなのですが、そうでなければこのくらいが良いかなと。
 特にマーシャル系のアンプで音出しする場合、そうでなくてもハイが強いのでこのくらいマイルドな方が出音が良い音。





BOSS WL-20 接続OKなペダル Friedman BE-OD

イメージ
FriedmanのペダルもOK


まあこれも問題なしと。


Suhr Shiba Drive レビュー こいつは優等生

イメージ
Riotの方が人気がありますが 新しくオーバードライブペダルを仕入れてみました。

 個人的にハズレはないと思っているSuhrのペダル。
 世の中的にはRiotの知名度の方が高いようで自分も最近はRiotをメインにしていますが、以前から気になっていたオーバードライブも購入。


音はどうか?  基本はTS系オーバードライブなんでしょうか。DriveもToneもどの位置にしても使える音で優等生。  TSと比較すると適度にローが残っているのが印象的。TSだとローがバッサリなくなるしLeqtiqueのMaestosoなどはギターによってはローが出すぎて締りがなくなる感じもありますが、これはその中間のちょうど良い感じ。  併せてハイのキンキンする耳障りな部分も落としてくれるのでスッキリとマイルドな歪みに。
 マーシャルでクランチを作ってブースターとして使うとこれまた上品な音。と、いうかどこかで聞いたことのある音。具体的に「どこか」「誰か」」ではなく漠然とよくある音。
 この辺りはRiotはやっぱりRiot的なクセはあるように思いますので、より汎用的かなと思います。

SMOOTHスイッチ  miniになってスイッチは2通りになりました(右か左か)。  個人的には右一択。  左はハイが落ちる感じがするのでザクザク感がなくなる感じ。普通にロックな感じであれば右の一択かなと。
総評  おそらくどこで使ってもどういうセッティングでも「どこかで聞いたことのある音」
 ハズレがないので信頼できますが悪くいうと冒険がない感じがします。この辺りをどう捉えるかで個人の評価は変わってくるかなと思います。  ・ほとんどが三振だがたまにホームランのペダル  ・ホームランは出ないが安定してヒットが出るペダル
どちらが良いか?については安定ヒットを選ぶかな。何よりコンパクトだし。



BOSS WL-20 接続OKなペダル JHS The Bonsai

イメージ
JHSのペダルも問題なしと。

BonsaiはTS系がたくさん入っているのでこれ1つ持ってセッションなんかも便利かなと。


BOSS WL-20 接続OKなペダル Suhr ShibaDrive

イメージ
SuhrのべダルもOKですね。



Shiba Driveも問題なくLED点灯。

BOSS WL-20 接続OKなギター Gibson CUSTOMSHOP SG

イメージ
まあこれもOKでした。Gibson系も問題ありませんね。

ただ、どうみても本体から出っ張っているのはカッコ悪い。


BOSS WL-20 接続OKなペダル 320design BrownFeather

イメージ
320design BrownFeatherも問題なくLED点灯。


国産のハイエンドブランドもOKですね。
たまにBrown Feather出してみようかしら。

BOSS WL-20 接続OKなペダル MXR DISTORTION+

イメージ
MXRのDISTORTION+もOK

クラシックな歪みペダルも問題ない様子ですね。


BOSS WL-20 接続OKなペダル BONGER ECSTASY RED

イメージ
BONGERのペダルもOK。

WL-20がジャックを選ぶと言ってもほぼ大丈夫な気がします。

BOSS WL-20 接続OKなギター Killer REAPER

イメージ
まあこれも問題ないです。ストラトがOKなので予想通り。


ギター側は直接接続すると出っ張ってカッコが悪いので家以外では接続しませんが・・・。


BOSS WL-20 接続OKなギター Fender USA STRAT

イメージ
ペダル側ではなくギター側も。
 Femder USA YNGWIE MALMSTEEN STRATOCASTERのストラトは問題なし。

 おそらくUSAストラトは一通り大丈夫でしょうか。

BOSS WL-20 接続OKなペダル Ibanez TS mini

イメージ
クラシックなオーバードライブもOK。IbanezのTS mini。
 TSminiとWL-20だけ持ってスタジオだととても軽量。

BOSS WL-20 接続OKなペダル Electro-Harmonix Soul Food “Meat & 3” Mod

イメージ
うちにあるのはJHSのElectro-Harmonix Soul Food “Meat & 3” Modですが、普通のSoul FoodでもOKでしょう。

BOSS WL-20 接続OKなペダル PROCO RAT

イメージ
PROCO RAT。かれこれ30年前のブツ。

 まあ、これも大丈夫、と。


BOSS WL-20 接続OKなペダル Digitech The Drop

イメージ
DigitechのThe Drop。これも最初に接続することが多いですね。

BOSS WL-20 接続OKなペダル DOD Overdrive Preamp/250

イメージ
Yngwieで有名なDOD Overdrive Preamp/250。実際に使っている人は見たことがないけど・・・。これもWL-20との接続は問題なし。



問題あるのはPolytuneだけだな・・・・。



BOSS WL-20 接続OKなペダル Leqtique Maestoso

イメージ
マーブルなオーバードライブ Leqtique Maestoso。



これもBOSS WL-20との接続は問題なし。
安定して利用できそう。


BOSS WL-20 接続OKなペダル BOSS GT-1

イメージ
これは当たり前かもしれませんが、BOSS GT-1でもBOSSのワイヤレスWL-20は使えました。同じメーカーだし使えない方が問題かもしれませんが。

 今の所NGはTC ELECTRONICのPORYTUNEだけ。


BOSS GT-1 スタジオで試す

イメージ
BOSS GT-1 スタジオで試す。

 やはり大きい音で試さないとわからないので。


 接続は

  ギター ----- GT-1 ----- Marshall JCM2000のReturn

 GT-1のセッティングは

  T-Scream ----- MS1959 I+II

 実機に近い感じの音で試すと。


 結論としては、これはこれで良いかもな、と。取り急ぎのスタジオとかギターを複数持たなければいけない時とか。
 弾き比べるとやはり違いは感じます。違うと感じたのは低音弦。5弦、6弦あたりの音の密度というか圧力のようなものが少ない感じがします。実機の方が圧力というか塊感がある気がします。音だけでどちらかを選べと言われたら実機のTubescreamerを持って行く選択をするかと思いますが、でも実際にはそれほどストレスなく弾けたので重さや色々エフェクターを使いたい時なんかにはこれで十分かなと。