2016年5月24日火曜日

Metallica / St.Anger 少し初期に戻った感じ

初期のイメージが

 戻ったアルバム。前作からは結構期間が空いていてベースも変わりました。

 全体の雰囲気としてはLOAD、RELOADにあるような割とシンプルな歌物風な曲調から初期の複雑な構成の曲に戻ったような感じがあります
 ザクザクしたギターリフ、特にダウンピッキングのみで弾くリフが前面に押し出されていてスピード感を出した曲が多い印象です。
 そこに難解な展開を組み合わせとエッジの効いたヴォーカルが乗ります。
 残念なからギターソロの印象が薄いです。

 初期の雰囲気と言ってMaster of Pappetsのような雰囲気とはやはり違っていて、おじさんたちが全力疾走したような感じ。Matser of Pappetsの間奏のような緩急が効いた雰囲気はあまり感じませんでした。

 特に今回変わったと思うのはドラムのスネアの音。リムショット多目の高めのチューニングの音。スコーンと抜けるような音で好き嫌いがあるかもしれませんが、この音で頭打ちされるとスピード感というか焦りのようなものが出ます。これが一層全力疾走感を煽っているような感じです。特に弦楽器の重心が低くセットされているのでドラムの音が目立ちます。

キラーチューンはありませんが

FRANTIC
リフがカッコ良い。LOADな雰囲気を消化してスラッシュに戻した感じ。

St.Anger
ドラムがカッコ良い。その勢いあるイントロからAメロに入った瞬間の隙間が喪失感があってカッコ良い。

Some Kind of Monster
ミドルテンポの重厚な雰囲気

Dirty Window
この曲は疾走感と立ち止まる感じがあってカッコ良い。



0 件のコメント:

コメントを投稿