JImi Hendrix / Band of Gypsys ギターは良いけど

イメージ
Jimi Hendrixの生前の最後のアルバム。活動期間1ヶ月のちょっと寄せ集め的なライブらしいと。確かにドラムとベースがちょっと探り合っている感じで初期のアルバムと比べるとドラムの手数も少ない。バンドとして熱くならない感じがちょっと残念。そんな中でもMachine Gunはサイケデリックなギターソロ。一見ギターではないような音ですが、この時代を象徴するような感じ。ジミヘンのライブといえばウッドストックのアメリカ国家な印象もありますが、Machine Gunもなかなか。


Marshall JCM900 セッティング

定番アンプでしょうか

 最近JCM900を使うことが増えてきまして、備忘的にセッティングを記しておきます。

 今までここ10年くらいJCM2000ばかりでした。たまたま使っている幾つかのスタジオではJCM2000ばかり置いていましたので。
 ただ最近使い始めたスタジオとかライブハウスではJCM2000ではなくJCM900を見る機会も多く、そうなるとJCM900も感覚をつかんでおく必要があるかなと。

 と、言ってもまだ試行錯誤段階で、アンプをできるだけクリーンにしてディストーションペダルを持って行くパターンとアンプで歪ませてブースターを持って行くパターンと定まっていません。


ブースターでのセッティング

 最近のセッティングがこんな感じ。

 基本的にはJCM2000と同じようにミドルを出したセッティング。リードチャンネルでゲインをそれほど上げずにボリュームは大きめ。これにkoko boostのミッドブーストでプッシュします。

 ただこれでもキンキンしすぎな感じがありますのでもう少しTrebleとPresenceを抑えたほうがバンドのサウンドとしてはまとまりがあるかも。

 ただJCM2000よりもEQのセッティングのバランスが重要な気がします。JCM2000よりも「うるさいところを引くEQ」が重要かと。



コメント

このブログの人気の投稿

Suhr RIOT mini レビュー

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

EP boosterのディップスイッチ