JImi Hendrix / Band of Gypsys ギターは良いけど

イメージ
Jimi Hendrixの生前の最後のアルバム。活動期間1ヶ月のちょっと寄せ集め的なライブらしいと。確かにドラムとベースがちょっと探り合っている感じで初期のアルバムと比べるとドラムの手数も少ない。バンドとして熱くならない感じがちょっと残念。そんな中でもMachine Gunはサイケデリックなギターソロ。一見ギターではないような音ですが、この時代を象徴するような感じ。ジミヘンのライブといえばウッドストックのアメリカ国家な印象もありますが、Machine Gunもなかなか。


Metallica / Metallica これは名盤

賛否あると思いますが

 名盤だと思います。

 初期のスピード感やザクザク感を減らして重厚に楽曲重視の雰囲気。初期の少年のようなスラッシュメタルな雰囲気から大人のメタルアルバムになった感じです。

 キラーチューンも多数あり特に紹介することのないくらいの名盤。このアルバムだけ聞いてMetallicaを知っているとは言えないのですが聞いていないとMetallicaを知っているとは言えない一般常識として聞く必要があるアルバム。

代表曲盛りだくさん

EnterSandmn
バンドの代表曲ですね。Bフラットの音が良いスパイスから始まるイントロからリズムインするところで鳥肌。

Sad But True
いかにも2曲目にありそうなヘビーな雰囲気。

Holier Than Thou
コンパクトにまとまった佳曲。イントロのユニゾンからリズムインするところがカッコ良い。サビのメロディもよく間奏の2段階に発展して戻るところも秀逸。

Through The Never
これもバンドの代表曲。イントロのギターリフの音使いが耳に残る。Aメロでテンポが半分になりヴォーカルを立てる構成。ギターソロが転調して展開するあたりも良い。


コメント

このブログの人気の投稿

Suhr RIOT mini レビュー

EP boosterのディップスイッチ

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利