JImi Hendrix / Band of Gypsys ギターは良いけど

イメージ
Jimi Hendrixの生前の最後のアルバム。活動期間1ヶ月のちょっと寄せ集め的なライブらしいと。確かにドラムとベースがちょっと探り合っている感じで初期のアルバムと比べるとドラムの手数も少ない。バンドとして熱くならない感じがちょっと残念。そんな中でもMachine Gunはサイケデリックなギターソロ。一見ギターではないような音ですが、この時代を象徴するような感じ。ジミヘンのライブといえばウッドストックのアメリカ国家な印象もありますが、Machine Gunもなかなか。


EXTREME / Saudades de Rock 祝復活

再結成

 2008年の再結成。個人的にはヒットでした。3rdで新たな方向にチャレンジし4thはHR/HM感が薄くなっていた感じがありますが、今回の再結成は1st、2ndの雰囲気を取り戻したHR/HMアルバムになっています。

 当然ながら16ビートのファンク風のリズムにテクニカルなギターと押し出し感のあるヴォーカルが乗ります。EXTREMEと言って求めているものが詰まっています。

 とは言いつつも方向は2ndでも雰囲気は少し違っていて落ち着いた感じがします。セカンドの若さ溢れる雰囲気ではなく大人な感じ。その辺りは少し中途半端な感じもありまして個人的にはもっとはじけて欲しかったなと。

 アルバムの音はシンプルでプレーがよくわかりますし空間を大事にしたファンクな感じが出ています。3rdなんかは作り込んだ音でそれはそれでアルバムとしては良かったのですが、ライブ感とかを考えると熱くなるのはこちらの雰囲気かなと。


あの頃の雰囲気に

Star
間奏のテンポ半分なヘビーな部分のベースがカッコ良い。ギターソロがこれまでのテクニカルな感じではなくVHのようなチョーキングとタッピングの雰囲気も入りつつ高速フレーズに移行してサビに戻ると。

Comfortably Dumb
ミドルテンポのEXTREMEらしい感じのリズム感に張りのあるヴォーカルがカッコ良い。曲の後半の展開がカッコ良いな。

Learn to Love
イントロギターの休符の間にスネアが入るリフがカッコ良い。間奏のギターソロなんかは普通にやってしまうと弾きまくりで音符を詰め込んだ感じになりそうなのですが、独特な間で休符を挟みつつはねた感じを出すあたりがセンスか感じます。

Take Us Alive
カントリー調でクリーンギターで弾いています。今までなかった雰囲気です。

Last Hour
歌い上げるヴォーカルが心地よい。

Flower Man
EXTREMEらしからぬロックナンバーですね。他のラウドロックと呼ばれるジャンルの人足りにありそうなバッキングにゲイリシェローンだけはEXTRMEな雰囲気。

Ghost
名バラード。




コメント

このブログの人気の投稿

Suhr RIOT mini レビュー

EP boosterのディップスイッチ

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利