VEMURAM Jan Ray レビュー

イメージ
上品オーバードライブ 巷で評判、自作でコピー物を作っている人もいるらしい人気オーバードライブ。ネットの動画などを見ていても良い音な感じがするので購入。


 サイズはよくあるMXRサイズ、コントロールは4つと上部にトリマーあり。アダプターの位置はちょっと変わっていて左下。  マーシャル などを軽くクランチにさせておいてペダルを挟むと上品なオーバードライブサウンド。
 軽く弾いただけで「良いもの」感が感じられ人気があるのも頷ける感じ。
コントロールメインのコントロール メインのコントロールは4つ。Level、Gain、Bass、Treble。  レベルは結構大きい方。9時過ぎくらいでバイパスと同じレベル。個人的には少し圧力を感じた方が好きなのでちょっとレベルアップの10時くらいが良い感じ。
 ゲインは10時から12時くらい、イコライザーは12時くらいから微調整が良い感じ。
トリマー 上部にサチュレーションという名前のトリマーがついています。これが結構効く。メインコントロールのゲインよりもこちらが重要なのかもと思います。左に回すと倍音感というか騒がしさのようなものが増える感じでギターやアンプに合わせてセッティングすると良いのかも。  左に絞り切るとちょっと騒がしすぎる感じで、騒がしくないと感じるところまで右に回して調整するのが良いのかも。
音 音は程よくミッドが出てコンプレッション感も適度にあるいわゆるオーバードライブ的な音ですがジャリーン、と響く感じが気持ちが良い。  TS系な雰囲気も感じつつ、TSよりも少しレンジが広くて立体感が出る感じ。TSはミッドにぎゅっと圧縮される感じがするのでハードロック系に適した音。Jan Rayはレンジが広くて立体感のある上品でおしゃれな音。  良かったのは、TSを前段、Jan Rayを後段につないで、Jan Rayは踏みっぱなしでハードロック系の詰まった感じ欲しいときにTSを踏む、というのが良い感じ。

 ちょっと値段が高いですが、高いだけはあるペダル。しばらく使い込んでみようと思えるペダルです。他のVEMURAMのペダルも試してみたくなる感じ。

EXTREME / Saudades de Rock 祝復活

再結成

 2008年の再結成。個人的にはヒットでした。3rdで新たな方向にチャレンジし4thはHR/HM感が薄くなっていた感じがありますが、今回の再結成は1st、2ndの雰囲気を取り戻したHR/HMアルバムになっています。

 当然ながら16ビートのファンク風のリズムにテクニカルなギターと押し出し感のあるヴォーカルが乗ります。EXTREMEと言って求めているものが詰まっています。

 とは言いつつも方向は2ndでも雰囲気は少し違っていて落ち着いた感じがします。セカンドの若さ溢れる雰囲気ではなく大人な感じ。その辺りは少し中途半端な感じもありまして個人的にはもっとはじけて欲しかったなと。

 アルバムの音はシンプルでプレーがよくわかりますし空間を大事にしたファンクな感じが出ています。3rdなんかは作り込んだ音でそれはそれでアルバムとしては良かったのですが、ライブ感とかを考えると熱くなるのはこちらの雰囲気かなと。


あの頃の雰囲気に

Star
間奏のテンポ半分なヘビーな部分のベースがカッコ良い。ギターソロがこれまでのテクニカルな感じではなくVHのようなチョーキングとタッピングの雰囲気も入りつつ高速フレーズに移行してサビに戻ると。

Comfortably Dumb
ミドルテンポのEXTREMEらしい感じのリズム感に張りのあるヴォーカルがカッコ良い。曲の後半の展開がカッコ良いな。

Learn to Love
イントロギターの休符の間にスネアが入るリフがカッコ良い。間奏のギターソロなんかは普通にやってしまうと弾きまくりで音符を詰め込んだ感じになりそうなのですが、独特な間で休符を挟みつつはねた感じを出すあたりがセンスか感じます。

Take Us Alive
カントリー調でクリーンギターで弾いています。今までなかった雰囲気です。

Last Hour
歌い上げるヴォーカルが心地よい。

Flower Man
EXTREMEらしからぬロックナンバーですね。他のラウドロックと呼ばれるジャンルの人足りにありそうなバッキングにゲイリシェローンだけはEXTRMEな雰囲気。

Ghost
名バラード。




コメント

このブログの人気の投稿

EP boosterのディップスイッチ

Suhr RIOT mini レビュー

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利