Trapeze / Hold On 美声

イメージ
Trapezeのラストアルバム。初期にはGlenn Hughesが在籍していたり、のちにWhitesnakeに加入するMel Galleyがいたりと聞く機会の多いバンド。そのラストアルバムでヴォーカルにUriah Heepに入ることになるPate Goalbyが美声を聞かせる。特に7曲目のRunningでは伸びのあるハイトーンで綺麗なコーラスとカッコ良い要素が多数。

EXTREME / Pornograffitti ファンクメタル完成

EXTREMEの完成系

 90年のセカンド。EXTREMEの音がここで完成した感じです。
 音、演奏、曲が高度に1つにまとまっています。

 EXTREMEを聞いていて、欲しいと思う曲や音が全て詰まっている感じです。1stはVan Halenのコピー的な部分も多く聞こえましたが、2ndはオリジナルで完成した感じです。

 自作の3rdはコンセプトアルバムっぽい感じで純粋なロックアルバムと言えばこれがEXTREMEかと思います。

EXTREMEといえばという曲

Decadence Dance
EXTREMEの代表曲。イントロのギターからリズムインするところがカッコ良い。そこでのハイハットの裏ノリがファンクな感じ。

Get The Funk Out
これも代表曲ですね。Funkを文字通り表した名曲。バッキングのリズムもさることながらソロのフレーズもヌーノを表しています。

More Than Words
名曲と言われていますが、個人的にはTo Be With youのコピーのように思えてしまって・・・。

It
これはEXTREMEらしい。








コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー