Richie Kotzen / Richie Kotzen 特徴ある音

イメージ
Richie Kotzenのファーストアルバム。1989年、19歳のデビューアルバムで全編ギターインスト。テクニカルなプレーが満載な1枚ですが特にジャズギターのような音使いが印象的。その中でも音が特徴的。TS的な感じというかミドルの音でエレキギターの抜ける音。この音でレガートプレーが売りな感じ。
 欲を言えば、歌が上手いのだからインストではなく歌曲であってほしかったなと。

EXTREME / Pornograffitti ファンクメタル完成

EXTREMEの完成系

 90年のセカンド。EXTREMEの音がここで完成した感じです。
 音、演奏、曲が高度に1つにまとまっています。

 EXTREMEを聞いていて、欲しいと思う曲や音が全て詰まっている感じです。1stはVan Halenのコピー的な部分も多く聞こえましたが、2ndはオリジナルで完成した感じです。

 自作の3rdはコンセプトアルバムっぽい感じで純粋なロックアルバムと言えばこれがEXTREMEかと思います。

EXTREMEといえばという曲

Decadence Dance
EXTREMEの代表曲。イントロのギターからリズムインするところがカッコ良い。そこでのハイハットの裏ノリがファンクな感じ。

Get The Funk Out
これも代表曲ですね。Funkを文字通り表した名曲。バッキングのリズムもさることながらソロのフレーズもヌーノを表しています。

More Than Words
名曲と言われていますが、個人的にはTo Be With youのコピーのように思えてしまって・・・。

It
これはEXTREMEらしい。








コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー