Eric Clapton / August 引き続きポップ

イメージ
1986年 Behind The Sunに続くポップ路線。派手なキーボードやホーンが目立つ感じ。やはり豪華で厚みがある音の中で全体的にはギターよりもヴォーカルに焦点が当たっている感じ。その中でも4曲目のBad Influenceのようなブルーズのカバーがあったりと軸足は動かしていないことを主張しているのも面白い。

EXTREME / Pornograffitti ファンクメタル完成

EXTREMEの完成系

 90年のセカンド。EXTREMEの音がここで完成した感じです。
 音、演奏、曲が高度に1つにまとまっています。

 EXTREMEを聞いていて、欲しいと思う曲や音が全て詰まっている感じです。1stはVan Halenのコピー的な部分も多く聞こえましたが、2ndはオリジナルで完成した感じです。

 自作の3rdはコンセプトアルバムっぽい感じで純粋なロックアルバムと言えばこれがEXTREMEかと思います。

EXTREMEといえばという曲

Decadence Dance
EXTREMEの代表曲。イントロのギターからリズムインするところがカッコ良い。そこでのハイハットの裏ノリがファンクな感じ。

Get The Funk Out
これも代表曲ですね。Funkを文字通り表した名曲。バッキングのリズムもさることながらソロのフレーズもヌーノを表しています。

More Than Words
名曲と言われていますが、個人的にはTo Be With youのコピーのように思えてしまって・・・。

It
これはEXTREMEらしい。








コメント

このブログの人気の投稿

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

320design Brown Feather レビュー