ANGRA / Aurora Consurgens キラーチューンなし

イメージ
前作が捨て曲なしで良いアルバムでしたが今回はキラーチューンなしでちょっと地味な感じがします。もちろんプレーは聞きどころが多いのですがスカッとする感じがしないのが残念。

Blue Murder / Blue Murder Whitesnake意識

全盛期のジョンサイクスでしょうか

 Whitesnakeを向けた後のジョンサイクスのトリオバンド。トニーフランクリンとカーマインアピス。
 個人的にはWhitesnakeでの名演からBlueMurderでの活動が最盛期のように感じます。

 少し重たい感じの曲が並んでいて少しくどい感じもありますが、どれも良い曲で耳に残ります。
 
 ジョンサイクスのギターは基本的にはWhitesnakeの延長にありますが、それをさらに尖らせた感じ。whitesnakeの時にはデビットカヴァデールに少し気を使っていたのかのように自由に弾きまくりです。
 歌もうまいです。昔YoungGuitarのインタビューで、「歌はWhitesnake時にカヴァデールから習った」と言っていたのを覚えていますが、伸びのあるハイトーンを聞かせます。

 地味ですがBlueMurderとしてのバンドの音として欠かせないのがリズム隊。スケールの大きい感じのドラムにフレットレスベースのブリブリいう感じが欠かせない感じです。

 セールス的にはあまり売れず・・・というのは非常に残念ですが名盤です。

Whitesnake意識してしまうかも

Riot
これは名曲。カッコ良いリフと弾きまくりのギター。伸びのある歌とジョンサイクスの名演が詰まっています。

Sex Child
サビのバックで入るクリーントーンのアルペジオがきらびやかな雰囲気を出していて良い。

Jelly Roll
アコースティックでノリの良い前半。ゆったりしたサビ。

Blue Murder
イントロ、Aメロのヘビーなリフからテンポ良いBメロへの変化が自然でカッコ良い。

Billy
この曲の歌メロが耳に残る。この曲と1曲目がキラーチューンかなと。間奏で転調するあたりがカッコ良い。

Black Hearted Woman
どことなく聞いたことのあるような曲ですが、勢いがあって好きです。



コメント

このブログの人気の投稿

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

320design Brown Feather レビュー