ANGRA / Holy Land クラシカルが減る

イメージ
ANGRAのセカンド。ファーストの完成度が非常に高いので多少地味な感じもあります。印象としてはファーストの ジャーマンメタル+クラシカル、な感じが薄くなり南米的なリズムが増えている感じ。
 4曲目のCarolina IVや5曲目のHoly landなど民俗音楽的な雰囲気が印象的。メタルな雰囲気とは違いますが、違和感なく溶け込んでいる感じが流石。
 ANGRAらしいのは8曲目のZ.I.T.O.でしょうか。流石キコルーレイロな感じのスピードメタル。

Blue Murder / Screaming Blue Murder Dedicated to Phil Lynott 良いライブです

93年のライブ

 Phil Lynottが亡くなった後のライブで選曲もThin Lizzyから2曲ほど入っています。後はWhitesnakeからの1曲。ソロからは1曲。残りはBlue Murder。全10曲なのでちょっとバラバラな感じはありますが、演奏はさすがに良いですね。

 ベースがマルコメンドーサなのですが、フレットレスベースのブリブリした音が前に出ていてバンドのアクセントになっています。ライブなのでスタジオバンド比べるとバッキングギターが入っていなかったりと音数が少ないのですが、それもうまく埋めていると思います。

それぞれの曲

 収録曲の中でPlease Don't Leave Meが入っています。これは大きくアレンジしてあってスタジオ版よりもこちらが好きです。
 まずキーが違います。Eですね。歌の関係でキーを変えたのかギタープレー的にEが良かったのかわかりませんが。
 また全体のノリもライブらしく、イントロのリードでゆったり聞かせて、リズムインからビートを効かせた感じになっています。

 Still Of The Night。盛り上がり的にこれが最高潮な感じなのはネームバリュー的に仕方がないのかなとも思ってしまいますが・・・。歌はデビカバのセクシーな感じの歌い方ではなく若々しい歌い方。これはこれでライブらしくて良いかと。




 

コメント

このブログの人気の投稿

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

320design Brown Feather レビュー