Jeff Watson / AROUND THE SUN 前作から一転ヴォーカル入り

イメージ
Jeff Watsonのセカンドソロアルバム。前作はオールインストの8フィンガーな路線でしたが、今回はヴォーカル入り。1曲目のGLASS REVENGEはAOR的というか産業ロック的な柔らかい曲。2曲目のLIFE GOSE ONはNIGHT RANGER的な8ビートでサビのコーラスが印象的なカッコ良い曲。3曲目のAROUND THE SUNはアコースティック。ネームバリュー的にだったりテクニカルギタリスト的な視点だと前作なのですが、個人的にはこのセカンドの方が良い感じ。


Blue Murder / Screaming Blue Murder Dedicated to Phil Lynott 良いライブです

93年のライブ

 Phil Lynottが亡くなった後のライブで選曲もThin Lizzyから2曲ほど入っています。後はWhitesnakeからの1曲。ソロからは1曲。残りはBlue Murder。全10曲なのでちょっとバラバラな感じはありますが、演奏はさすがに良いですね。

 ベースがマルコメンドーサなのですが、フレットレスベースのブリブリした音が前に出ていてバンドのアクセントになっています。ライブなのでスタジオバンド比べるとバッキングギターが入っていなかったりと音数が少ないのですが、それもうまく埋めていると思います。

それぞれの曲

 収録曲の中でPlease Don't Leave Meが入っています。これは大きくアレンジしてあってスタジオ版よりもこちらが好きです。
 まずキーが違います。Eですね。歌の関係でキーを変えたのかギタープレー的にEが良かったのかわかりませんが。
 また全体のノリもライブらしく、イントロのリードでゆったり聞かせて、リズムインからビートを効かせた感じになっています。

 Still Of The Night。盛り上がり的にこれが最高潮な感じなのはネームバリュー的に仕方がないのかなとも思ってしまいますが・・・。歌はデビカバのセクシーな感じの歌い方ではなく若々しい歌い方。これはこれでライブらしくて良いかと。




 

コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー