JImi Hendrix / Band of Gypsys ギターは良いけど

イメージ
Jimi Hendrixの生前の最後のアルバム。活動期間1ヶ月のちょっと寄せ集め的なライブらしいと。確かにドラムとベースがちょっと探り合っている感じで初期のアルバムと比べるとドラムの手数も少ない。バンドとして熱くならない感じがちょっと残念。そんな中でもMachine Gunはサイケデリックなギターソロ。一見ギターではないような音ですが、この時代を象徴するような感じ。ジミヘンのライブといえばウッドストックのアメリカ国家な印象もありますが、Machine Gunもなかなか。


EXTREME / Waiting for The Punchline ちょっと馴染めなかったかな

雰囲気変わりました

 4枚目のアルバムなのですが、これまでの路線とはだいぶ雰囲気が変わった気がします。
 曲的にはメタルな感じが少し離れてファンクな感じが強くなりました。スローからミドルテンポの曲が多く、淡々とビートを刻むドラムに単音ギターリフが乗って自由にヴォーカルがのる感じ。

 ギターもあまり歪んでないです。真空管独自のキラっとした感じを出した音で16ビートな感じのリフを出してくると嬉しい感じです。ただ従来からのYoungGuitar的テクニカル的なファンは少し離れるかもですね

 前作は特に作り込んだ感じのアルバムでしたが今回はとてもシンプルな音。隙間がたくさんあります。この隙間にジャストなタイミングで入る各楽器やヴォーカルのタイム感が素晴らしい。

いまいちパッとしないが

THERE IN NO GOD
バッキングの単音リフがメタルな感じではなく完全に別のジャンルですね。ギターソロもいわゆるメタルのテクニカルソロな感じではないです。

CYNICAL
16ビートな典型的なリフで始まりサビがカッコ良い。

HIP TODAY
これはEXTREMEな曲。ギターが良い音。

Naked
前半の空間を楽しむ雰囲気とサビの圧力ある感じの対比が良いです。一貫して淡々と8ビートを刻むドラムも良い。こういうのってテクがないと難しいですよね。

Midnight Express
まあすごいギターですこと。

No Respect
この曲はベースだけでご飯が食べられる。


コメント

このブログの人気の投稿

Suhr RIOT mini レビュー

EP boosterのディップスイッチ

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利