Richie Kotzen / Richie Kotzen 特徴ある音

イメージ
Richie Kotzenのファーストアルバム。1989年、19歳のデビューアルバムで全編ギターインスト。テクニカルなプレーが満載な1枚ですが特にジャズギターのような音使いが印象的。その中でも音が特徴的。TS的な感じというかミドルの音でエレキギターの抜ける音。この音でレガートプレーが売りな感じ。
 欲を言えば、歌が上手いのだからインストではなく歌曲であってほしかったなと。

Bad Moon Rising / Opium for The Messes 雰囲気変わりました

雰囲気変わりました

 前作のダークでミドルテンポな雰囲気からちょっと方向が変わった気がします。少しHR/HMな雰囲気から離れたというかギターリフが減ってそれに絡むヴォーカルも減った感じです。バンドの売りとしてはリフとヴォーカルの絡みが良かったのにと。

 ヴォーカルの歌い方も変わったように思います。独特な閉塞感のある苦しそうな歌い方が変わったというか。個人的にはBMRはこの苦しそうな歌い方にキレの良いギターが絡むのが良いと思っていたのですが。
 ギターも少し変わったように思います。リフで押す感じだったのが1曲目からコードでじゃんじゃん弾く感じに。これも少し残念ポイント。

 曲の雰囲気もアップテンポの曲が多いようにも思います。曲的には相変わらずキラーチューンはなく、アルバム全体の雰囲気とかバンドとしての絡みとかに主眼が置かれるバンドであることには変わりがないです。

全体的に少し苦しいイメージ

Billigerent Stance
Aメロが苦しそうな感じ。カルスワンもダグアルドリッジもこの手の曲は合わないような気がしますが。

Monkey
イントロのリズムがこのバンドには珍しい雰囲気。

Into The Pit
これもこのバンドにはこれまでない雰囲気。怪しいヴォーカルが良い感じです。

Godforsaken
これは従来的な雰囲気。これが1曲目とかだと良かったのに。


コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー