Suhr Shiba Drive レビュー こいつは優等生

イメージ
Riotの方が人気がありますが 新しくオーバードライブペダルを仕入れてみました。

 個人的にハズレはないと思っているSuhrのペダル。
 世の中的にはRiotの知名度の方が高いようで自分も最近はRiotをメインにしていますが、以前から気になっていたオーバードライブも購入。


音はどうか?  基本はTS系オーバードライブなんでしょうか。DriveもToneもどの位置にしても使える音で優等生。  TSと比較すると適度にローが残っているのが印象的。TSだとローがバッサリなくなるしLeqtiqueのMaestosoなどはギターによってはローが出すぎて締りがなくなる感じもありますが、これはその中間のちょうど良い感じ。  併せてハイのキンキンする耳障りな部分も落としてくれるのでスッキリとマイルドな歪みに。
 マーシャルでクランチを作ってブースターとして使うとこれまた上品な音。と、いうかどこかで聞いたことのある音。具体的に「どこか」「誰か」」ではなく漠然とよくある音。
 この辺りはRiotはやっぱりRiot的なクセはあるように思いますので、より汎用的かなと思います。

SMOOTHスイッチ  miniになってスイッチは2通りになりました(右か左か)。  個人的には右一択。  左はハイが落ちる感じがするのでザクザク感がなくなる感じ。普通にロックな感じであれば右の一択かなと。
総評  おそらくどこで使ってもどういうセッティングでも「どこかで聞いたことのある音」
 ハズレがないので信頼できますが悪くいうと冒険がない感じがします。この辺りをどう捉えるかで個人の評価は変わってくるかなと思います。  ・ほとんどが三振だがたまにホームランのペダル  ・ホームランは出ないが安定してヒットが出るペダル
どちらが良いか?については安定ヒットを選ぶかな。何よりコンパクトだし。



Bad Moon Rising / Opium for The Messes 雰囲気変わりました

雰囲気変わりました

 前作のダークでミドルテンポな雰囲気からちょっと方向が変わった気がします。少しHR/HMな雰囲気から離れたというかギターリフが減ってそれに絡むヴォーカルも減った感じです。バンドの売りとしてはリフとヴォーカルの絡みが良かったのにと。

 ヴォーカルの歌い方も変わったように思います。独特な閉塞感のある苦しそうな歌い方が変わったというか。個人的にはBMRはこの苦しそうな歌い方にキレの良いギターが絡むのが良いと思っていたのですが。
 ギターも少し変わったように思います。リフで押す感じだったのが1曲目からコードでじゃんじゃん弾く感じに。これも少し残念ポイント。

 曲の雰囲気もアップテンポの曲が多いようにも思います。曲的には相変わらずキラーチューンはなく、アルバム全体の雰囲気とかバンドとしての絡みとかに主眼が置かれるバンドであることには変わりがないです。

全体的に少し苦しいイメージ

Billigerent Stance
Aメロが苦しそうな感じ。カルスワンもダグアルドリッジもこの手の曲は合わないような気がしますが。

Monkey
イントロのリズムがこのバンドには珍しい雰囲気。

Into The Pit
これもこのバンドにはこれまでない雰囲気。怪しいヴォーカルが良い感じです。

Godforsaken
これは従来的な雰囲気。これが1曲目とかだと良かったのに。


コメント

このブログの人気の投稿

Suhr RIOT mini レビュー

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足