Jeff Watson / AROUND THE SUN 前作から一転ヴォーカル入り

イメージ
Jeff Watsonのセカンドソロアルバム。前作はオールインストの8フィンガーな路線でしたが、今回はヴォーカル入り。1曲目のGLASS REVENGEはAOR的というか産業ロック的な柔らかい曲。2曲目のLIFE GOSE ONはNIGHT RANGER的な8ビートでサビのコーラスが印象的なカッコ良い曲。3曲目のAROUND THE SUNはアコースティック。ネームバリュー的にだったりテクニカルギタリスト的な視点だと前作なのですが、個人的にはこのセカンドの方が良い感じ。


Metallica / Death Magnetic ツインリード復活

ツインリードが復活

 した9枚目。
 前作St.Angerではリフが中心でギターのリードはあまり印象に残っていないのですが、今回はギターソロも大きく前に出ています。特にMaster of Pappets以来のツインリードが復活したのは嬉しい。

 全体的には作り上げた感や加工した感のある音ではなく生音のような雰囲気が大きいです。そこに弦楽器のチューニングもレギュラーに戻っていますので余計にハリとか前に出る感が出ている気がします。

 プレー的にはMasterの頃を思い出すリフや構成なども多く古くからのファンには嬉しい感じに。タイトな感じのリフにギターソロもアグレッシブに弾いています。

 個人的には前作はあまり好きになれなかったのですがこちらはなかなか良いアルバム。

アグレッシブな

That was just Your Life
1曲目の速めの曲。なんとなくBatteryを思い出す感じでリフがカッコ良い。その後の間奏のギターソロがメロディアスな感じで。

The Day That Never Come
前半はゆったりしたクリーントーン。中盤から歪んで盛り上がる。後半はインストでツインリード!!。セカンド、サードアルバムを思い出すギターソロ。

All Nightmare Long
メタリカらしい曲ですっと入ってくる感じ。

My Apocalypse
直球なスラッシュ。イントロのスライドを入れたギターリフがMaster of Pappets風でカッコ良い。



コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー