ANGRA / Temple of Shadows 名盤

イメージ
ANGRA 5枚目のアルバム。押し出しの強い曲が目白押しで捨て曲なしの名盤。これまでのAMGRAはどちらかというとCARRY ONやNOVA ERAなど実質1曲目にキラーチューンを持ってきて、後半は少し印象が薄くなる感じもありましたが、今回は後半の勢いもすごい。
 6曲目のTemple of Hateは高速チューン。カイハンセンが歌っているのですが、それだけでブラジルから北欧に変わった感じ。ANGRAっぽくはないのですが新しい流れ。9曲目のWinds of Destinationはクラシカルな感じで展開美が素晴らしい。


Metallica / LOAD 歌物に変化したか

これまでにはないルーズな感じです。

 悪い意味ではなくゆったりとしているというか、カチッとしていない6枚目。初期のようなカチッとタイトな感じの音から前作で少しスラッシュメタルではなく普通のメタルアルバムにありました。それがさらにブルーズ的な雰囲気に進んだ感じです。これがMetallicaに求める音がと言われると疑問のある方も多いのかと。

 スラッシュ感よりも全体のグルーブ感を出そうとしたアルバムのように思えまして初期の先入観を抜きに聞くと全体的に良い感じになっているアルバムと思います。
 
 個人的にはヴォーカルの雰囲気が特に良くなったというか、スラッシュメタルのバンドの一員というよりはカッコ良い雰囲気が出せるシンガーに変わったような気がします。

 ただキラーチューンはなく、また1曲あたりが長い上に14曲も入っていて最後まで聞くのはちょっと飽きてくる感じもあります。中盤くらいまでの流れは良いので・・・。

歌物に変化した曲

Ain't My Bitch
これはカッコ良い。全体として抜きでた何かがあるわけではなく曲全体としてカッコ良い。男臭さみたいなのが出ていてアルバムの1曲目として今後を期待する曲かと。

2 × 4
地味ですがこのグルーブ感は良いです。

Until it Sleeps
この曲はサビのための曲です。サビのヴォーカルがなんといってもカッコ良い。



コメント

このブログの人気の投稿

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

320design Brown Feather レビュー