Suhr Shiba Drive レビュー こいつは優等生

イメージ
Riotの方が人気がありますが 新しくオーバードライブペダルを仕入れてみました。

 個人的にハズレはないと思っているSuhrのペダル。
 世の中的にはRiotの知名度の方が高いようで自分も最近はRiotをメインにしていますが、以前から気になっていたオーバードライブも購入。


音はどうか?  基本はTS系オーバードライブなんでしょうか。DriveもToneもどの位置にしても使える音で優等生。  TSと比較すると適度にローが残っているのが印象的。TSだとローがバッサリなくなるしLeqtiqueのMaestosoなどはギターによってはローが出すぎて締りがなくなる感じもありますが、これはその中間のちょうど良い感じ。  併せてハイのキンキンする耳障りな部分も落としてくれるのでスッキリとマイルドな歪みに。
 マーシャルでクランチを作ってブースターとして使うとこれまた上品な音。と、いうかどこかで聞いたことのある音。具体的に「どこか」「誰か」」ではなく漠然とよくある音。
 この辺りはRiotはやっぱりRiot的なクセはあるように思いますので、より汎用的かなと思います。

SMOOTHスイッチ  miniになってスイッチは2通りになりました(右か左か)。  個人的には右一択。  左はハイが落ちる感じがするのでザクザク感がなくなる感じ。普通にロックな感じであれば右の一択かなと。
総評  おそらくどこで使ってもどういうセッティングでも「どこかで聞いたことのある音」
 ハズレがないので信頼できますが悪くいうと冒険がない感じがします。この辺りをどう捉えるかで個人の評価は変わってくるかなと思います。  ・ほとんどが三振だがたまにホームランのペダル  ・ホームランは出ないが安定してヒットが出るペダル
どちらが良いか?については安定ヒットを選ぶかな。何よりコンパクトだし。



Blue Murder / Nothin' But Trouble 名盤だと思いますが何故か投げ売り

雰囲気変わりました

 Blue Murderの2枚目。
 アルバムの雰囲気は変わりました。今作は少しだけ音の重心が上がっていてバラエティに富んだ感じがあります。
 印象としては前作はWhitesnakeのあのアルバムの呪縛に囚われていたというか、良くも悪くもあのアルバムを超えなければと強く意識した作りになっていたような気がしますが、今回はそのような意識もなく自然にできた感じがします。

 曲的にも前作はヘビーなメタル曲でギターの低音リフをメインに据え、マイナーキーの曲ばかりな印象がありますが、メジャーキーもそれなりに目立っていてアルバム一枚通して聴くのに最適かと。

 今回はドラムとベースはそれほど前に出ていない気がします。屋台骨な感じに徹してギターと歌をメインに添えている感じがあります。
 そこにギターと歌が自由に入ってきます。ギターはバッキングでもハリのある音。ハイポジションとか高音弦をよく使っている印象です。
 普通にヴォーカルがいるバンドだと帯域がかぶってちょっと嫌がる感じかもしれませんが、自分で歌っているので良いんでしょうね。

 名盤だと思うのですが、何故か中古屋とかで投げ売りされています。

飽きずに最後まで

We All Fall Down
このアルバムのキラーチューンでしょうか。Aメロの特徴あるリフからBメロのメロディックな部分につながるのがカッコ良い。

Iychycoo Park
メジャーキーの良いメロディ。ギターソロのハリのある音がカッコ良い。後半にフランジャーが入るアレンジがまた良い。

Cry For Love
AメロのヘビーなリズムにBメロでテンポアップするのがカッコ良い。

Runaway
間奏後のドライブサウンドでのミュートしたアルペジオでの歌がカッコ良い。

Dance
Aメロのギターリフの休符にスネアが入るのが良いバンドって感じがします。

I'm on Fire
ジョンサイクスらしい感じ。やぱりこの手の曲が多く入っていないと。

Save My Love
イントロのリードが歪み低めで良い音しています。美メロのバラード。

I Need an Angel
ゆったりした雰囲気の中にエッジの効いたギターのリードが映えますね。

She Knows
三連のリズムでフランス映画のような雰囲気を感じます。




コメント

このブログの人気の投稿

Suhr RIOT mini レビュー

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足