ESP TH-200M ちょうど良い大きさ

イメージ
BOSS WL-20のホルダーを求めて もう2年くらい使っているBOSSのワイヤレスシステム。安くて安定していて音も不自然なくとても良いのですが、やっぱりギターから直接生えている感じは見た目的にいただけない。  そのため当初から短いシールドとフォーンプラグの延長用のコネクタを使って他のワイヤレルのようにストラップに付けたい。
 課題になるのはワイヤレス送信機ホルダー。  ギターに直接挿すのが基本でしょうから純正品や専用品は出ていない模様。何かで代替するほかないと。  当初使っていたのはホームセンターで売っていたドライバーなどをベルトにつけるもの。これな内容的には良かったのですが、サイズが大きかった。小さいワイヤレス送信機に対して存在感ありすぎた。
ESPのホルダーを買ってみた 調べるとESPから小さめのホルダーが出ている様子。割とお手頃な値段で売っていたので買ってみた。 (皮製でしっかり)
 ポイントは送信機を包み込むように包んでゴム製の輪っかで縛る。なので特定の製品専用ではなく汎用的に様々な大きさに使える感じ。

(WL-20を包んだところ)

 WL-20の送信機はかなり小型なので、包むには縛っている輪ゴムを二重に巻く必要があります。これでも多少大きさに余裕はありますが隙間から抜け落ちたりするような感じもなく、安定感もあると。  ちょうどよく下部にある穴かフォーン延長コネクタを通すことができデザイン的にも良い感じ。
 とても小さく目立たなくなったワイヤレス送信機ホルダー。これでしばらくは使ってみようか。どうせならBOSSで純正品を出してくれれば良いのに。


Metallica / Kill 'Em All ザクザク

今聞くとちょっと恥ずかしいですが

 カッコ良いです。1stなので音的にもショボくて演奏自体も素人っぽい感じが出ていますが、当時は新しいサウンドだったのかと思います。それまでヘビメタのイメージとしては重くて遅い感じというか重厚なイメージが多かったのかもですが、とにかく速くて荒々しいと。

 初期メタリカといえばクリフバートンの存在が重要。ベースカッコ良い。曲の雰囲気を作る重要なところにセンスの良いベースが入っています。曲のリフなどもクリフバートンのセンスが多く入っています。

 ジェームズの歌もハイトーンを中心とした歌い方。中期以降はコブシをきかせた抑揚の大きい歌い方に変化しますが、この頃は割と平べったい歌い方。

 個人的にはドラムがもっと曲に合わせてほしかったかなと。ギターが淡々とブリッジミュートでリフを弾いている時に、トラムでアクセントをつけてうまく頭を出していないといまいち一体感がないです。もちろんテンポは正しいのですが、淡々とビートを刻んでいるだけだとバンドとしてあっている感じがしないのが残念。

 音や演奏は荒削りで若々しい感じがしますが、リフの音使いとか耳に残る部分も多く、キラーチューンもありますし今でも聞きたいアルバムです。

ザクザクした曲が揃っています

Hit The Lights
今後のスラッシュメタルを象徴するかのようなスピードチューン。ちょっと単調な感じもしますが、ザクザクしたギターの音が心地よい。

The Four Horseman
メタリカっぽくない感じの曲ですが、メガデスっぽい雰囲気。

Jump in The Fire
キラーチューン1曲目。イントロのギターリフが単純だけど耳に残る。盾で合わせる4ビートな感じがリフとマッチしていてカッコ良い。

Pulling Teeth
クリフバートンのための曲。ディストーションベースが効いています。バンドアンサンブルだと使えない音でしょうけどソロだと雰囲気あって良い音です。ファーストアルバムからこのような曲を入れられるというのはすごい。

Whiplash
初期メタリカらしい曲。ドラムのパターンをもっと曲に合わせて欲しいなと。

Seek & Destroy
キラーチューン2曲目。このイントロが最高にカッコ良い。また間奏出だしのギターリフが曲にアクセントを与えていて完成されていると。




コメント

このブログの人気の投稿

EP boosterのディップスイッチ

Suhr RIOT mini レビュー

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利