VEMURAM Jan Ray レビュー

イメージ
上品オーバードライブ 巷で評判、自作でコピー物を作っている人もいるらしい人気オーバードライブ。ネットの動画などを見ていても良い音な感じがするので購入。


 サイズはよくあるMXRサイズ、コントロールは4つと上部にトリマーあり。アダプターの位置はちょっと変わっていて左下。  マーシャル などを軽くクランチにさせておいてペダルを挟むと上品なオーバードライブサウンド。
 軽く弾いただけで「良いもの」感が感じられ人気があるのも頷ける感じ。
コントロールメインのコントロール メインのコントロールは4つ。Level、Gain、Bass、Treble。  レベルは結構大きい方。9時過ぎくらいでバイパスと同じレベル。個人的には少し圧力を感じた方が好きなのでちょっとレベルアップの10時くらいが良い感じ。
 ゲインは10時から12時くらい、イコライザーは12時くらいから微調整が良い感じ。
トリマー 上部にサチュレーションという名前のトリマーがついています。これが結構効く。メインコントロールのゲインよりもこちらが重要なのかもと思います。左に回すと倍音感というか騒がしさのようなものが増える感じでギターやアンプに合わせてセッティングすると良いのかも。  左に絞り切るとちょっと騒がしすぎる感じで、騒がしくないと感じるところまで右に回して調整するのが良いのかも。
音 音は程よくミッドが出てコンプレッション感も適度にあるいわゆるオーバードライブ的な音ですがジャリーン、と響く感じが気持ちが良い。  TS系な雰囲気も感じつつ、TSよりも少しレンジが広くて立体感が出る感じ。TSはミッドにぎゅっと圧縮される感じがするのでハードロック系に適した音。Jan Rayはレンジが広くて立体感のある上品でおしゃれな音。  良かったのは、TSを前段、Jan Rayを後段につないで、Jan Rayは踏みっぱなしでハードロック系の詰まった感じ欲しいときにTSを踏む、というのが良い感じ。

 ちょっと値段が高いですが、高いだけはあるペダル。しばらく使い込んでみようと思えるペダルです。他のVEMURAMのペダルも試してみたくなる感じ。

EXTREME / EXTREME Van Halen風な感じも

16ビートのメタル

 89年のデビューアルバム。有名なのはセカンドですが1stも良い曲揃っていますし、よくあるような1stは垢抜けてないなんてこともなく、良いアルバムです。

 バンドのキャラとしてはヌーノベッテンコートのギターとゲイリシェローンのヴォーカルでしょうか。

 ヌーノベッテンコートは当時のYoungGuitarの常連で奏法解説なんかもよく出ていました。テクニカル面で話題になったのはストリングスキッピングですね。1弦と3弦で六連譜で上下すると。

 YoungGuitarではファンクメタルなんて言葉で表現されていたと思いますが、これまでのメタルのように8ビートで刻むようなリズムではなく16ビートで休符を多用するリフなんかが多いんですよね。これがノリ的に楽しい。Stevie Salasなんかも同じ匂いのファンク系のギターを弾きますが、もっとメタル寄りのファンクと。
 特に聞いていると裏のノリのアクセントなんかも多く、普通のロックな雰囲気でコピーしようとするとちぐはぐな感じになってしまいます。

 このファンクのノリに上記のテクニカルなリードが乗ってくるのでリズムもリードもスリリングな感じにまとまっています。

 このスリリングな感じをさらに際立たせるのがゲイリーシェローンのヴォーカル。声質とか張りとかが押し出し感が強いので曲全体の雰囲気としてメリハリがつきます。

 曲もよく練られていて自分たちの個性が出せるような曲に仕上がっていて1stアルバムからすでにキャラが定まっている感じの良いアルバムです。

Van Halenを意識してしまうかも

Little Girl
アメリカ土着な感じの始まりにどことなくVan Halen風なリフ。ここに個性のあるヴォーカルが乗ります。全体的に初期Van Halen風な感じ。

Wind Me UP
Bメロからサビの切り替わりがカッコ良い。

Kid Ego
Aメロのブルージーな雰囲気のヴォーカルがどことなく合わない感じがします。

Watching Waiting
壮大なバラードなのですがこのバンドでなくても良いかなと。

MUTHA
イントロのギターは不要と思いますが、本編は良いメロディです。

Teacher's Pet
このイントロのギターがカッコ良い。バッキングのギターとゲイリーのヴォーカルもマッチしていて、EXTREMEな感じの曲。

Smoke Signal
イントロのアコースティックなギターのカッコ良い。

Fresh 'N' Blood
EXTREMEらしい曲。自由なヴォーカルが楽しい。

Play with ME
アルバム最後のジョーク的な曲。どことなく聞いたことのあるサビのメロディ。このメロディの雰囲気は以降のアルバムの曲でも聴けますね。


 

コメント

このブログの人気の投稿

EP boosterのディップスイッチ

Suhr RIOT mini レビュー

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利