2016年5月17日火曜日

Metallica / MASTER OF PUPPETS 初期の完成系

初期名盤

 ですね。クリフバートンが在籍の最後のアルバム。ファーストは若々しく方向性も定まらなかった感じもありましたが、セカンドで成長の方向性や布石を示し、サードでその延長として完成したと思います。メタリカに求める重くて速いリズムにツインリード、そしてファーストにはなかった知性が備わったような感じです。
 
 特に楽曲が構成練られて知的。タイトル曲のMaster of Puppetsなんて複雑な全体構成に合わせて、メインリフにセンスの良い変拍子を挟みつつ、間奏で静かになりつつツインリード。

 楽曲もそうですが各プレイもこのアルバムで確立したように思います。ヴォーカルも現在のコブシを回すような歌い方になり、ギターもファーストのただ速く弾くだけのソロから前作からの叙情的なリードを発展。リズム隊も曲のアクセントを考えたパターンに変わって全体としてクオリティが数段上ったように思います。

初期メタリカの完成系

Battery
イントロのアコースティックで怪しい感じが最高にカッコ良い。本編はハイスピードナンバーですが、この速度でも頭を合わせてプレーできるのはさすが。


Master of Puppets
キラーチューン。メインリフの変拍子が全体をうまく締めています。間奏のクリーントーンと叙情的なリードで静かながらも怪しい雰囲気を出して、また盛り上がる構成などよく考えられた構成。


Orion
リフを中心とした前半と後半からベースの哀愁ある雰囲気が特徴。クリフバートンが残念。

Damage Inc
スラッシュメタルらしい高速ナンバー。


0 件のコメント:

コメントを投稿