Annihilator / SET THE WORLD ON FIRE 硬質なスラッシュ

イメージ
カナダのスラッシュメタル、Annihilatorの3枚目のアルバム。なんというか硬質な音が印象的なバンド。Rushとかそれ系の硬質なギターの音とかっちりした演奏。そこにメロディアスな歌が乗る感じ。
 キラーはSOUND GOOD TO MEでしょうか。この手のバンドのバラードって不要論があるかもですが、この曲のギターのアルペジオの硬質な音がこのバンドの特徴のように思います。

Metallica / LULU これはMetallicaのアルバムではない?

コラボなので

 雰囲気はメタリカでもルーリードでのありません。まったくの別のバンド。

 曲はメタリカ、歌と歌詞がルーリードなのでしょうか。賛否分かれるところと思いますが・・・
 初回の印象としては演奏と歌が別物になっている感じがします。メタリカ特有のキメや練った構成などもあまりなく、ストレートに長い印象。そこにルーズな感じの独特なヴォーカルが乗ります。最初の印象としては長い・だるい・つまらない、な感じでした。
 正直なところもう聞かないかなとも思いました。

 ただ何度か聞き返しているうちにこのだるい感じ、ルーズな感じが心地よく感じるようになっています。このストレートでルーズな感じがこのヴォーカルにあっていて、それがアルバム全体として流れる雰囲気になっているんだと。

 このアルバムは各曲がどうの、と、いうものではなくアルバム自体が1曲のような雰囲気で聞くべきアルバムかなと思います。
 欲を言えばジェームスとツインヴォーカルだともっとテンション上がったかなと。



コメント

このブログの人気の投稿

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

320design Brown Feather レビュー