Richie Kotzen / Richie Kotzen 特徴ある音

イメージ
Richie Kotzenのファーストアルバム。1989年、19歳のデビューアルバムで全編ギターインスト。テクニカルなプレーが満載な1枚ですが特にジャズギターのような音使いが印象的。その中でも音が特徴的。TS的な感じというかミドルの音でエレキギターの抜ける音。この音でレガートプレーが売りな感じ。
 欲を言えば、歌が上手いのだからインストではなく歌曲であってほしかったなと。

Metallica / LULU これはMetallicaのアルバムではない?

コラボなので

 雰囲気はメタリカでもルーリードでのありません。まったくの別のバンド。

 曲はメタリカ、歌と歌詞がルーリードなのでしょうか。賛否分かれるところと思いますが・・・
 初回の印象としては演奏と歌が別物になっている感じがします。メタリカ特有のキメや練った構成などもあまりなく、ストレートに長い印象。そこにルーズな感じの独特なヴォーカルが乗ります。最初の印象としては長い・だるい・つまらない、な感じでした。
 正直なところもう聞かないかなとも思いました。

 ただ何度か聞き返しているうちにこのだるい感じ、ルーズな感じが心地よく感じるようになっています。このストレートでルーズな感じがこのヴォーカルにあっていて、それがアルバム全体として流れる雰囲気になっているんだと。

 このアルバムは各曲がどうの、と、いうものではなくアルバム自体が1曲のような雰囲気で聞くべきアルバムかなと思います。
 欲を言えばジェームスとツインヴォーカルだともっとテンション上がったかなと。



コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー