Eric Clapton / SLOWHAND 名盤

イメージ
461 Ocean Boulevardは聞きどころも多いアルバムでしたが、それ以降はレゲエな感じでゆったりしており、エレキギターの熱いプレーは少なかったように思います。このアルバムでは再びエレキギターを前面に出した感じの音。
 曲もそろっていてWonderful TonightやLay Down Sally、Cocaineなど代表曲が含まれると。Cocaineはギターリフがしっかりしてカッコ良いしWonderful Tonightはイントロのスローは入りが完成されている感じ。

Bad Moon Rising / Bad Moon Rising マイナーですが良いバンド

少し地味ですが

 割と人気のギタリスト ダグアルドリッジが昔結成していたバンドの91年の1stアルバム。元ライオンのカルスワンと引き続き。

 このバンドはヴォーカルとギターがバンドを引っ張るような感じですが明確なキラーチューンもなくて少し地味な印象もありますが、良いメロディのバラードやヴォーカルとギターがうまく絡むような曲も多くあります。全体的な雰囲気としてはアメリカ的ではなくちょっと湿った感じのHR。

 ギターはペンタトニックやブルーズ系フレーズが多く、テクニカルなフレーズもフルピッキングのスケールではなくペンタトニックのハンマリングでこなすプレー。ペダルではなくアンプをフルアップして絞り出す感じのドライブ。

 ヴォーカルは少し鼻にかかったような声が特徴的。上に突き抜けるようなシャウトではなく上から押さえつけるような出方で個人的にはバラードが良いですね。

 アルバムとしてはキラーチューンがなくて、サビのコーラスの雰囲気も似ている曲が多く残念なのですがよく聴きこむと良いアルバムです。

聴きこむと良い曲

Hands On Heaven
1stアルバムの1曲目には似つかわしくないイントロ。サビのヴォーカルの歌い方がこのバンドの象徴。

Without Your Love
アコースティックなバラード。あまりひねりはないのですがストレートなバラードで歌メロが好きです。

Full Moon Fever
サビのギターバッキングがアンプを鳴らしている感じが良いです。

Lie Down
サビのコーラスの雰囲気からギターソロあたりがBad Moon Rising

Old Flames
WhitesnakeのIs This Love的な曲。ベースのビートが効いたAメロから、Bメロ・サビの盛り上がりをヴォーカルがうまく持って行っています。カルスワんはこういう曲が合いますね。転調してギターソロというのも曲のアクセントになっていてそこにロングトーン中心のギターが乗るというのが良い。

Built For Speed
アルバムのラスト2曲にありそうなストレートのスピードチューン。聴きどころはギターソロ。マイケルシェンカーとのバドル。

Dark Side of Babylon
BMRを象徴するようなギターリフと歌い方。構成が練られた大曲。

Sunset After Midnight
このサビのギターと歌のコンビネーションが最高にカッコ良い。





コメント

このブログの人気の投稿

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

320design Brown Feather レビュー