Trapeze / Hold On 美声

イメージ
Trapezeのラストアルバム。初期にはGlenn Hughesが在籍していたり、のちにWhitesnakeに加入するMel Galleyがいたりと聞く機会の多いバンド。そのラストアルバムでヴォーカルにUriah Heepに入ることになるPate Goalbyが美声を聞かせる。特に7曲目のRunningでは伸びのあるハイトーンで綺麗なコーラスとカッコ良い要素が多数。

EXTREME / III Sides to Every Story 作り上げたアルバム

コンセプトアルバムっぽい感じ

 サードアルバム。発売当時に購入して聞きました。セカンドのヒットもあるのでしょうが、YoungGuitar誌ではヌーノがポストエディと言われていて奏法解説やらスコアやらが載っていたのを覚えています。

 アルバムとしてはコンセプトアルバムっぽい感じがして、全体の長さもあってアルバム1枚を聴き通すのはちょっと厳しかった気がします。特に後半がロックアルバムではなく壮大な感じの音楽になっていまして、EXTREMEを聞きたい時・EXTREMEを求めている時にはちょっと違うかなと。

 対して前半は見事なロックアルバムになっているかと。
 1stでは初期VHに雰囲気が似た曲やリフが多い印象でしたが、セカンドでファンクメタルなオリジナリティが確立されて、サードでは聞く側からEXTREMEの音を欲しがるようになったのかと思います。

 サードですでに円熟してきた演奏力と自分たちのキャラクターを活かしてキラーチューン的な曲も多いですし良いアルバムかと。


3部作のよう

Warheads
ドラムのキックが心地よい感じに入るアップテンポの8ビート。ギターソロがテクニカルで昔練習しました。両手が交差するタッピングとか。

Color Me Bind
ヘビーなリフにサビのメロディが良いですね。EXTREME的なポップな曲という感じでしょうか。

Cupid's Dead
イントロのドラムのビートに乗るギターがカッコ良い。

Peacemaker Die
ギターの単音リフがカッコ良い。そこに乗る自由なヴォーカルがこの曲の聴きどころですね。



コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー