JImi Hendrix / Band of Gypsys ギターは良いけど

イメージ
Jimi Hendrixの生前の最後のアルバム。活動期間1ヶ月のちょっと寄せ集め的なライブらしいと。確かにドラムとベースがちょっと探り合っている感じで初期のアルバムと比べるとドラムの手数も少ない。バンドとして熱くならない感じがちょっと残念。そんな中でもMachine Gunはサイケデリックなギターソロ。一見ギターではないような音ですが、この時代を象徴するような感じ。ジミヘンのライブといえばウッドストックのアメリカ国家な印象もありますが、Machine Gunもなかなか。


Metallica / RIDE THE LIGHTNING 名曲あります

さらに磨きをかけ

 スラッシュ道を精進した感じ。ファーストよりも大分垢抜けて聞きやすくもなりました。前作は単調に突っ走る感じも多くありましたが、曲的にもひねった作りになっていて次のサードに続く雰囲気がここからあります。

 またサードへの布石としてツインギターがあげられるかと。ファーストはツインギターの個性がなかったというか、ツインでなくても良かったのでは?と思いますが、セカンドはツインリードなどギター2本の強みを出して曲作りをしている感じがします。

未だにライブの定番

Fight Fire With Fire
メタリカらしいオープニング曲。とにかく速い。

Ride The Lightning
このアルバムのキラーチューン。イントロもカッコよく、中盤の盛り上がりも最高に出来上がっています。リフの裏で不気味な感じのベースが良い感じですし対照的に哀愁あるギターソロも耳を引きます。

For Whom The Bell Tolls
ライブ的な定番曲ですね。重厚な感じが良い。

Creeping Death
キラーチューン2曲目。アップテンポの8ビート。ギターの疾走感とかサビのDieと言う部分などライブ的にも煽りやすい感じのライブ曲。





コメント

このブログの人気の投稿

Suhr RIOT mini レビュー

EP boosterのディップスイッチ

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利