ANGRA / Holy Land クラシカルが減る

イメージ
ANGRAのセカンド。ファーストの完成度が非常に高いので多少地味な感じもあります。印象としてはファーストの ジャーマンメタル+クラシカル、な感じが薄くなり南米的なリズムが増えている感じ。
 4曲目のCarolina IVや5曲目のHoly landなど民俗音楽的な雰囲気が印象的。メタルな雰囲気とは違いますが、違和感なく溶け込んでいる感じが流石。
 ANGRAらしいのは8曲目のZ.I.T.O.でしょうか。流石キコルーレイロな感じのスピードメタル。

Gotthard / OPEN 円熟の出来

初期のスリリングな感じは

 なくなりつつありますが、良い意味で安定した感じになりました。Gotthardの4枚目。
 ブルーズな感じを残しつつブリティッシュでウェットなロックな感じなのが初期のWhitesnakeなんかに通じるものがあります。
 ただ初期と比べるとZep的なストレートでエッジのあるロックな部分が少し減り、Bonjovi的なメロディックロック要素が少し増えた気がします。

 キラーチューンは4曲目のLet it Rainでしょうか。歌が上手いバンドだとバラードが映えます。


コメント

このブログの人気の投稿

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

320design Brown Feather レビュー