Eric Clapton / SLOWHAND 名盤

イメージ
461 Ocean Boulevardは聞きどころも多いアルバムでしたが、それ以降はレゲエな感じでゆったりしており、エレキギターの熱いプレーは少なかったように思います。このアルバムでは再びエレキギターを前面に出した感じの音。
 曲もそろっていてWonderful TonightやLay Down Sally、Cocaineなど代表曲が含まれると。Cocaineはギターリフがしっかりしてカッコ良いしWonderful Tonightはイントロのスローは入りが完成されている感じ。

Gotthard / D Frosted アコースティックなライブ

アレンジ

 アコースティックな感じなのですが、全く違和感のないアレンジ。もともとアコースティックの曲なのではと思えるくらいの自然な感じです。
 アレンジ的にはもともともオリジナルはあまり飾らない骨っぽい音なのですが、パーカッションやキーボードなど多数の音が入って暖かい音になっています。
 ヴォーカルが良い感じにうまい。11曲目のSomedayなんかは秀逸なメロディ、4曲目のLet it Beなんかはビートルズに負けていないと思っています。


コメント

このブログの人気の投稿

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

320design Brown Feather レビュー