Trapeze / Hold On 美声

イメージ
Trapezeのラストアルバム。初期にはGlenn Hughesが在籍していたり、のちにWhitesnakeに加入するMel Galleyがいたりと聞く機会の多いバンド。そのラストアルバムでヴォーカルにUriah Heepに入ることになるPate Goalbyが美声を聞かせる。特に7曲目のRunningでは伸びのあるハイトーンで綺麗なコーラスとカッコ良い要素が多数。

Gotthard / Lipservice 良作

変わらずに

 良質なHRアルバムを出し続けられるのはすごいことです。もちろん何枚もアルバムを出していると大きく方向性が変わったりというのもよくあり、それはそれで良いのですが、Gotthardは大きな方向性は変わらずに古典的なHRをベースにメロディアスな雰囲気に仕立てています。個人的にはFair Warningも似た感じがあるかなと。

 1曲目All We Areは古典的なHRな雰囲気を残すアップテンポな8ビート。3曲目のLift U upはこのアルバムのキラーチューンでしょうか。We Will Rock you的に始まり徐々に盛り上がり。
 得意のバラードは8曲目のI've Seen an Angel Cry。


コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー