Jeff Watson / AROUND THE SUN 前作から一転ヴォーカル入り

イメージ
Jeff Watsonのセカンドソロアルバム。前作はオールインストの8フィンガーな路線でしたが、今回はヴォーカル入り。1曲目のGLASS REVENGEはAOR的というか産業ロック的な柔らかい曲。2曲目のLIFE GOSE ONはNIGHT RANGER的な8ビートでサビのコーラスが印象的なカッコ良い曲。3曲目のAROUND THE SUNはアコースティック。ネームバリュー的にだったりテクニカルギタリスト的な視点だと前作なのですが、個人的にはこのセカンドの方が良い感じ。


Bon Jovi / The House is not for Sale リッチーなしですが

リッチー不在で

 思わぬ頑張りなんでしょうか。
 Bon Joviといえばジョンとリッチーの2枚看板でと思っているのですが、その1人が抜けているとなると、ここというところできてくれない感じもします。
 アルバム的にいうとギターソロや間奏のひねりが少ないですし、何よりコーラスワークが寂しい。
 と、思いながらも思いの外メロディが引き込むようなものになっていて曲としては良いものが揃っているようで、Bonjoviらしさがあるように思います。
 特に1曲目のThe House is not for Saleなんてイントロのギターもカッコ良いですしその後のヴォーカルの雰囲気とか全体の構成かなんかはかなりカッコ良い。


 

コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー