2017年1月2日月曜日

Bon Jovi / The House is not for Sale リッチーなしですが

リッチー不在で

 思わぬ頑張りなんでしょうか。
 Bon Joviといえばジョンとリッチーの2枚看板でと思っているのですが、その1人が抜けているとなると、ここというところできてくれない感じもします。
 アルバム的にいうとギターソロや間奏のひねりが少ないですし、何よりコーラスワークが寂しい。
 と、思いながらも思いの外メロディが引き込むようなものになっていて曲としては良いものが揃っているようで、Bonjoviらしさがあるように思います。
 特に1曲目のThe House is not for Saleなんてイントロのギターもカッコ良いですしその後のヴォーカルの雰囲気とか全体の構成かなんかはかなりカッコ良い。


 

0 件のコメント:

コメントを投稿