Trapeze / Hold On 美声

イメージ
Trapezeのラストアルバム。初期にはGlenn Hughesが在籍していたり、のちにWhitesnakeに加入するMel Galleyがいたりと聞く機会の多いバンド。そのラストアルバムでヴォーカルにUriah Heepに入ることになるPate Goalbyが美声を聞かせる。特に7曲目のRunningでは伸びのあるハイトーンで綺麗なコーラスとカッコ良い要素が多数。

Bon Jovi / The House is not for Sale リッチーなしですが

リッチー不在で

 思わぬ頑張りなんでしょうか。
 Bon Joviといえばジョンとリッチーの2枚看板でと思っているのですが、その1人が抜けているとなると、ここというところできてくれない感じもします。
 アルバム的にいうとギターソロや間奏のひねりが少ないですし、何よりコーラスワークが寂しい。
 と、思いながらも思いの外メロディが引き込むようなものになっていて曲としては良いものが揃っているようで、Bonjoviらしさがあるように思います。
 特に1曲目のThe House is not for Saleなんてイントロのギターもカッコ良いですしその後のヴォーカルの雰囲気とか全体の構成かなんかはかなりカッコ良い。


 

コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー