JImi Hendrix / Band of Gypsys ギターは良いけど

イメージ
Jimi Hendrixの生前の最後のアルバム。活動期間1ヶ月のちょっと寄せ集め的なライブらしいと。確かにドラムとベースがちょっと探り合っている感じで初期のアルバムと比べるとドラムの手数も少ない。バンドとして熱くならない感じがちょっと残念。そんな中でもMachine Gunはサイケデリックなギターソロ。一見ギターではないような音ですが、この時代を象徴するような感じ。ジミヘンのライブといえばウッドストックのアメリカ国家な印象もありますが、Machine Gunもなかなか。


CINDERELLA / Night Songs BonJoviの弟分

BonJoviの弟分

 BonJoviの弟のような触れ込みで出したアルバム。86年に全米3位だそうで完成度は高いです。
 見た目は同時流行りのLAメタルのような感じですが、曲的にはもっとブルーズよりというかZZ TopとかAC/DCとかに近いというかブギーロックな感じ。
 BonJoviとも似ていません。弟との触れ込みでしたが当時のBonJoviのキラキラ感や青春の汗的な感じもなく、ダークな感じでまとまっています。
 この辺りはスライドギターが入っていたり、ヴォーカルの声質がAC/DCにどことなく似ていてたりするので余計にそう思う感じもします。LAメタルのように派手ではないのですが骨のある音な感じで。

 アルバム的には最初の3曲で持っていった感じがします。1曲目のNight Songsはアルバムの1曲目には珍しいねちっこいスローテンポの曲。怪しい雰囲気がヴォーカルとマッチしていて良い。
 2曲目のShake Meはタイトルそのままにロックンロールなノリノリの曲。3曲目はNobody's Fool。哀愁あるヘビーなバラード。


コメント

このブログの人気の投稿

Suhr RIOT mini レビュー

EP boosterのディップスイッチ

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利