ANGRA / Fireworks 民族要素減る

イメージ
セカンドでクラシカル要素が減り、今回のサードでは民族要素が減り正統派なメタルというか欧州的なメタルに。
 メタルっぽいという視点では4曲目のMETAL ICARUSでしょうか。疾走系ですがジャーマンメタル+クラシカルな雰囲気でもなく普通のメタルな感じ。イントロのリフがカッコ良い。
 また雰囲気良いのがGENTLE CHANGE。イントロのアコギから始まる優しい感じがよくまとまった聞きどころのある曲。


Gotthard / Dial Hard 引き続きストレートなロック

歌メロなHR

 Gotthardのセカンド。ファーストに引き続きストレートなロック。ミドルテンポ中心で古典的なギターリフを上手く使って、メロディアスな感じに歌を載せているのが良い。

 ストレートなギターリフでミドルテンポ中心でヴォーカルを立たせている感じで、適度なブリティッシュ感で湿ったサウンド。
 特筆すべきはカバー曲を聞いてわかる通りアレンジ力が高いのが聞いていて嬉しい。ファーストはHushが良かったですしセカンドはCome Togehterなどカバー曲が良いです。
 もちろんオリジナルもブレない感じで良いのですが、ともすれば単調になりがちなオリジナルの中にセンスの良いカバーを入れることでオリジナルが際立っていると。


コメント

このブログの人気の投稿

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

320design Brown Feather レビュー