Richie Kotzen / Richie Kotzen 特徴ある音

イメージ
Richie Kotzenのファーストアルバム。1989年、19歳のデビューアルバムで全編ギターインスト。テクニカルなプレーが満載な1枚ですが特にジャズギターのような音使いが印象的。その中でも音が特徴的。TS的な感じというかミドルの音でエレキギターの抜ける音。この音でレガートプレーが売りな感じ。
 欲を言えば、歌が上手いのだからインストではなく歌曲であってほしかったなと。

Gotthard / Dial Hard 引き続きストレートなロック

歌メロなHR

 Gotthardのセカンド。ファーストに引き続きストレートなロック。ミドルテンポ中心で古典的なギターリフを上手く使って、メロディアスな感じに歌を載せているのが良い。

 ストレートなギターリフでミドルテンポ中心でヴォーカルを立たせている感じで、適度なブリティッシュ感で湿ったサウンド。
 特筆すべきはカバー曲を聞いてわかる通りアレンジ力が高いのが聞いていて嬉しい。ファーストはHushが良かったですしセカンドはCome Togehterなどカバー曲が良いです。
 もちろんオリジナルもブレない感じで良いのですが、ともすれば単調になりがちなオリジナルの中にセンスの良いカバーを入れることでオリジナルが際立っていると。


コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー