Annihilator / SET THE WORLD ON FIRE 硬質なスラッシュ

イメージ
カナダのスラッシュメタル、Annihilatorの3枚目のアルバム。なんというか硬質な音が印象的なバンド。Rushとかそれ系の硬質なギターの音とかっちりした演奏。そこにメロディアスな歌が乗る感じ。
 キラーはSOUND GOOD TO MEでしょうか。この手のバンドのバラードって不要論があるかもですが、この曲のギターのアルペジオの硬質な音がこのバンドの特徴のように思います。

Gotthard / Need To Believe 壮大なロックアルバム

壮大なロックアルバム

 1曲目からオリエンタルな雰囲気で壮大な曲。旨味のある歌メロがじわじわきます。
 2曲目のunspoken wordsは王道系のハードロックでしょうか。3曲目のNeed to Believeは得意のバラード。
 全体的にはブルージーなHRな雰囲気というか骨太なイメージは少し薄れて、今風な歌メロHRになっています。これはこれで良いアルバム。



コメント

このブログの人気の投稿

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

320design Brown Feather レビュー