EP boosterのディップスイッチ

イメージ
ブースターの使い方 今までブースターはソロ時の音量および音色変更のために後段(アンプの前)にセットしていました。こういう目的だとミッドブーストとクリーンブーストの両方があるkoko boostが一軍確定(何よりソロ時のミッドブーストが気持ち良いので)。
 アンプのクランチをオーバードライブでミドルに寄せて筋肉質なバッキングオンを作り、ソロ時にはそれを後段のブースターでプッシュすると。
 このような使い方だとブースターは1つで良い。

 そんな訳でなんとなく2軍になっていたEP Booster。

ディップスイッチ  EP boosterが2軍になった理由としてはイマイチセッティングが決まらなかったから。
 もともとオーバードライブとブースター1つで良く、その1つのブースターの席はkoko boostで決まっていたので、無理にEPを使い必要はない上にディップスイッチが面倒。 (ツマミは1つなので迷わないのですが)
 スイッチを変えるにはドライバーで蓋を開けなければ。  アンプによってハイが出すぎとかローはいらないとかなるときにその場で変更できない。  特にボードに組み込んでしまった時には。  このディップスイッチが外にあれば良いのに、と思います。
これまで こんなわけでよく試しもしないまま、ブーストのみのセッティングにしてなんとなく音が抜けないとか思いながら放置していました(当時はハイをONにするとキンキンする気がしたので、なんとなく避けていました)
 今思うともったいないのですが、ほとんど使わずに何度かスタジオに持っていて、よくわからないままお蔵入り。
 ただ改めてネットを見てみると、このセッティングはそもそも推奨でなはない気がしてきましたので変えてみることに。
両方ONに ネットを調べてみると、ファクトリープリセットが両方ON。でハイのみがONのセッティングがFlat EQとなっている。そして両方OFFなのがVintageセッティングと。
 つまりこの3通りが正解で、これまでのセッティングはハズレなのでは?と。
 そう思ってとりあえず両方ONのセッティングで前段に挟むことに。当時キンキンすると敬遠していましたが改めて聞くとアンプが高級になった気がするというかダイナミックな感じになってこれはこれで良いなと。
 やはりメーカーおすすめに従うべきか・・・。


CHARVEL WARREN DEMARTINI SIGNATURE SNAKE PRO MOD レビュー

思い立って購入

 もともと弾きやすいストラトタイプでリアがハムバッカー、フロントがシングルのギターを探していました。

 イメージはJake.E.Leeのようなギター。

 FENDERでもありますがそれは普通すぎるし、気になるのはCHARVELのディンキー、でも吊るしのCHARVELはフロントがハムバッカーだし、と思っていたところに丁度良い出物が・・・・と思い立って購入。

 CHARVEL WARREN DEMARTINI SIGNATURE SNAKE PRO MODという名前どおりRattのウォーレンデマルティーニのシグネイチャー。
 生産はUSAではなくメキシコ。CHARVELのカタログを見るとUSAカスタムショップ製でマッチングヘッドのシグネイチャーもあり気分的にはUSAの方が良いのですが、最近はFENDERメキシコも品質が良いと各方面から聞いていたので物は試しにと初めてメキシコギターを購入。

 個人的な美的感覚ではマッチングヘッドは好きではないので、これは良いかなと。

スペック

 アルダーボディにリアピックアップはDuncanのWARREN DEMARTINIモデル、フロントは同じくDuncanのSSL-4。
 トグルスイッチにワンボリューム。トーンはなし。
 ブリッジはフロイドローズオリジナル。
 個人的にはトグルスイッチというのは長年使うと接触が悪くなる印象があってちょっとマイナスなのですがそれ以外のスペック的にはドンピシャ。

 またネックが1-Piece Quartersawn Maple。捻れやソリに強い取り方というので長く使うには良いかと思いました。
 また何より目を引くのがボディのペイント。蛇柄。Rattに詳しい人は見た瞬間にピンとくるかなと思いますが、それほどでもない人へのステージでのインパクトはあるかなと。

弾いて見た所感

 実際に少し引き込んでみた所感としては、よくできた感じで弾きやすい。
 特にネック周りのコンパウンドラディアスの仕上げが良い感じ。ハイポジションに行くに従って指板が平たくなる仕上げですが、まさにハイポジションのフィンガリングがスムーズ。
 個人的にはネックの仕上げはKillerギターのVUシェイプがツボなのですが、それと比べるとネック自体はかなり薄く、ハイポジションに行くとコンパウンドラディアスな感じで角ばった感じになります。12フレットでネックを握り込んで親指で6弦を抑えたりするとネックの角を感じるというか、指板が幅広な印象に。
 ネックの塗装はサラサラです。この辺りは好き嫌いがあるかも。

 音も特徴あります。
 リアでの音はちょっと鼻をつまんだ感じの少し遠くでなっているような音。ピックアップとしてはJBともTB-6などとも異なる音。レスポール的な芯のある音とは異なって少し強めに歪ませたりするのが合いそうな感じ。
 フロントはトラディショナルなストラトっぽい音な感じ。ブルージーな感じで歪ませずに弾くのが良さそう。

 シグネイチャーモデルだけあって汎用的に使えるってのが難しいかもしれませんがギターとしてはバランスの良いものかと。




コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー