Jeff Watson / AROUND THE SUN 前作から一転ヴォーカル入り

イメージ
Jeff Watsonのセカンドソロアルバム。前作はオールインストの8フィンガーな路線でしたが、今回はヴォーカル入り。1曲目のGLASS REVENGEはAOR的というか産業ロック的な柔らかい曲。2曲目のLIFE GOSE ONはNIGHT RANGER的な8ビートでサビのコーラスが印象的なカッコ良い曲。3曲目のAROUND THE SUNはアコースティック。ネームバリュー的にだったりテクニカルギタリスト的な視点だと前作なのですが、個人的にはこのセカンドの方が良い感じ。


CINDERELLA / LONG COLD WINTER ブルーズな音

技巧ではなく

 雰囲気がブルーズな音。細かなテクニックとか理論とかカテゴリーみたいなものではなく、とにかくカッコ良いセカンド。
 ファーストもそうでしたが、アルバムの1曲目から予想ところなるのを狙っていっているのかと思われるような、アルバム出だしからドブロギターにブルースハープ。そこからのバンドサウンドに入るあたりがカッコ良い。
 2曲目のGYPSY ROADは前作のShake Me的な感じ。3曲目のDon't Know What You Gotは泣けるバラード。透明感のある音にトムキーファーのヴォーカルが良い。

 前作同様に3曲目までで盛り上げてアルバムの印象をキメるタイプの良いアルバム。


コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー