Annihilator / SET THE WORLD ON FIRE 硬質なスラッシュ

イメージ
カナダのスラッシュメタル、Annihilatorの3枚目のアルバム。なんというか硬質な音が印象的なバンド。Rushとかそれ系の硬質なギターの音とかっちりした演奏。そこにメロディアスな歌が乗る感じ。
 キラーはSOUND GOOD TO MEでしょうか。この手のバンドのバラードって不要論があるかもですが、この曲のギターのアルペジオの硬質な音がこのバンドの特徴のように思います。

Gotthard / Gotthard ハードな歌メロ

スイスの国民的

 ハードロックバンド 92年のデビューアルバム。
 ポップな歌メロにエッジの効いたハードロックサウンド。ストレートで効いていて気持ちが良い。
 Whitensnake的なじめっとした感じもありつつちょっとハスキーに歌うのがカッコ良い。

 アルバムの完成度も高く、1曲目のStanding in The Lightからイントロの4度のギターリフが効いていてカッコ良い。2曲目のDowntownはWhitesnakeのFool For Your Lovin的なギターリフで始まる。ロックなギターリフのミドルテンポ曲が多いのも特徴かも。
 どのアルバムのどの曲を切り取ってもGotthardらしい感じがするのが安心感。

 個人的には4曲目のHushのアレンジが秀逸。

コメント

このブログの人気の投稿

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

320design Brown Feather レビュー