Eric Clapton / SLOWHAND 名盤

イメージ
461 Ocean Boulevardは聞きどころも多いアルバムでしたが、それ以降はレゲエな感じでゆったりしており、エレキギターの熱いプレーは少なかったように思います。このアルバムでは再びエレキギターを前面に出した感じの音。
 曲もそろっていてWonderful TonightやLay Down Sally、Cocaineなど代表曲が含まれると。Cocaineはギターリフがしっかりしてカッコ良いしWonderful Tonightはイントロのスローは入りが完成されている感じ。

Bon Jovi / Burning Bridges リッチー不在

ジョンのソロのように

 リッチーが不在のアルバムだそうで。Bon Joviというと個人的いはリッチーのギターとコーラスが欲しいと思ってしまう中、リッチー脱退は屋台骨がないように思えます。
 アルバムとしてはジョン自身が若くないと言っている通り、若さ溢れる感じの曲ではなくしっとりした落ち着いた感じになっています。季節でいうと秋ですね。
 7曲目のFingerPrintsなんてアコースティックギターに低めのボーカルでしっとり。間奏のギターが8分3連のフレーズが、リッチーだったならフロントピックアップで泣きの音を入れるかと想像すると、ちょっと寂しいです。


コメント

このブログの人気の投稿

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

320design Brown Feather レビュー