VEMURAM Jan Ray レビュー

イメージ
上品オーバードライブ 巷で評判、自作でコピー物を作っている人もいるらしい人気オーバードライブ。ネットの動画などを見ていても良い音な感じがするので購入。


 サイズはよくあるMXRサイズ、コントロールは4つと上部にトリマーあり。アダプターの位置はちょっと変わっていて左下。  マーシャル などを軽くクランチにさせておいてペダルを挟むと上品なオーバードライブサウンド。
 軽く弾いただけで「良いもの」感が感じられ人気があるのも頷ける感じ。
コントロールメインのコントロール メインのコントロールは4つ。Level、Gain、Bass、Treble。  レベルは結構大きい方。9時過ぎくらいでバイパスと同じレベル。個人的には少し圧力を感じた方が好きなのでちょっとレベルアップの10時くらいが良い感じ。
 ゲインは10時から12時くらい、イコライザーは12時くらいから微調整が良い感じ。
トリマー 上部にサチュレーションという名前のトリマーがついています。これが結構効く。メインコントロールのゲインよりもこちらが重要なのかもと思います。左に回すと倍音感というか騒がしさのようなものが増える感じでギターやアンプに合わせてセッティングすると良いのかも。  左に絞り切るとちょっと騒がしすぎる感じで、騒がしくないと感じるところまで右に回して調整するのが良いのかも。
音 音は程よくミッドが出てコンプレッション感も適度にあるいわゆるオーバードライブ的な音ですがジャリーン、と響く感じが気持ちが良い。  TS系な雰囲気も感じつつサステインもTS並に長くてリードプレイでも使いやすい。TSはミッドにぎゅっと圧縮される感じがするのでハードロック系に適した音ですが、こちらはTSよりも少しレンジが広くて立体感が出る感じで上品なおしゃれ音。  適度に上と下の雑味のある成分が切られて優しい音になるのでエッジの必要なHR/HM系をこなすのは工夫が必要か。
 良かったのは、TSを前段、Jan Rayを後段につないで、Jan Rayは踏みっぱなしでハードロック系の詰まった感じ欲しいときにTSを踏む、というのが良い感じ。


 ちょっと値段が高いですが、高いだけはあるペダル。しばらく使い込んでみようと思えるペダルです。他のVEMURAMのペダルも試してみたくなる感じ。

Xotic EP-Booster 購入レビュー

手頃で高品質なクリーンブースター

 以前より気になっていたものが安く売っていたので購入しました。実際に音出しをしてみてのレビューを書きます。

 最近クリーンブースターが流行っていて幾つか製品が出ています。クリーンサウンドを元気にしたりアンプのドライブサウンドをちょっとプッシュしたりとそこらのオーバドライブペダルよりも使い勝手は良いです。
 
 その中でもそこそこ人気の製品。手頃な値段と小さいサイズ、適度なクオリティと買いやすいポイントが詰まっている製品かと。

外観など

 つまみは1つ。Gainのみ。Gainと言っても歪まずに音量が上がるクリーンブースター。

 つまみが少ないのはセッティングに迷わなくて良いです。
 
 大きさはMXRサイズと比べるとやはり小さい。
 最近この大きさの製品が流行っている気がしますが、この大きさで電池まで内蔵できて、というのは素晴らしい。
 ボードの中に組み込んでもレイアウトを考えなくても良いですし、ポケットに忍ばせてスタジオに行っても良いかと。
 ただ重さはそれなりにある気がします。カタログスペックでは260gとなっていましたが、持つとずっしりする感じです。

 左右にインプット・アウトプットで上部にアダプターのインプットがあります。

 高さはそれなりにある感じ。小さくて高さがあるのでちょっと斜めから踏んだりすると不安定になったりするかもと思います。踏むときにはなるべくまっすぐ上から踏む必要があるかと。

 あとは標準でゴム足のようなものが付属しています。

 このゴム足のようなものがそこそこたかさがあります。2mmから3mmくらいでしょうか。これがあるとマジックテープでボードなどに固定するときには多少邪魔になるかも。
 両面テープ等でマジップテープの底上げをしてつけてあげる必要があります。

 まあこのあたりはちょっとの工夫でクリアできると思いますので問題ないかと。

音はどうか

 音ですがクリーンに音量が上がりますが、音量だけではなくEP-Boosterの音色になります。音量のみ上がるのでクリーンギターでも良い感じにアンプが1ランク上がったような感じになります。
 このあたりはクリーンブースターの特徴ですね。音量を少し上げるだけでハリとツヤが出てきます。つなぐだけで音が太くなるというのはこのあたりの効果でしょうか。

 内部のディップスイッチでハイのコントロールとデフォルトで3dbアップのコントロールができます。これは両方オンにしておくのが良さそうな気がします。
 特にハイをオンにしておくと音の抜けが良くなるというか音が締まる感じがします。
 
 積極的にGainをアップしても良いのですが、つまみをゼロにしてデフォルトの3dbアップのみで踏みっぱなしというのが良いかと。

 ノイズについては目立たないので、その面でも踏みっぱなしで良いかと。

 総論としてはクリーンブースターとしては普通ですが、ハイのコントロールができるなど積極的な音作りが気にいる人は良いですね。あとはセッティングをいろいろ試すのが面倒だったりの人。
 小型で買いやすい値段なのでクリーンブースターを試したい人には良いかと。






コメント

このブログの人気の投稿

EP boosterのディップスイッチ

Suhr RIOT mini レビュー

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利