JImi Hendrix / Band of Gypsys ギターは良いけど

イメージ
Jimi Hendrixの生前の最後のアルバム。活動期間1ヶ月のちょっと寄せ集め的なライブらしいと。確かにドラムとベースがちょっと探り合っている感じで初期のアルバムと比べるとドラムの手数も少ない。バンドとして熱くならない感じがちょっと残念。そんな中でもMachine Gunはサイケデリックなギターソロ。一見ギターではないような音ですが、この時代を象徴するような感じ。ジミヘンのライブといえばウッドストックのアメリカ国家な印象もありますが、Machine Gunもなかなか。


Fair Warning / AURA 音が変わりました

印象が違いました。

 復活第2弾。Fair Warningの6枚目。
 最初に聴いた印象、1曲目をスタートさせて最初のイントロリフ。これまで想定していたFair Warningとは大きく異なる感じ。これまではどちらかというと重心高めの音。高めの音域を重ねることで重厚感などを出していたと思います。ヴォーカルのハイトーンの伸びだったりスカイギターの高温だったり。
 今回初めて聴いたときには正直驚きました。ギターのリフが低音が効いたリフ。それほどハイゲインではないのでメタルっぽくはないのですがなんというか重厚な音。

 この辺りのバンドとしての音作りは好き嫌いがあるかもしれませんが個人的には良いと思います。

 楽曲としては安心の雰囲気。

 1曲目Fighting For Your Love、2曲目Here Comes The HeartacheはFair Warning節。オリエンタルな感じを出しつつのメロディアスHR。
 3曲目Hey Girlで得意のバラード。
 4曲目Don't Count on Meではミドルテンポのポジティブな雰囲気。

 と、緩急織り交ぜつつ飽きずに展開させます。

 ただ全体的に落ち着いた感じになってしまっているというか、惹きつけるものが薄い感じがしました。大人になって上品になったというか。何かをしながら聴くには良いかと思いますが・・・。
 初期のFair Warningって「クサさ」というか、高校球児の熱い青春のようなキュンとくるものがあった気がして、聞く方もその青春映画的なクサさを求めている気がしますが、それが薄まったのは残念。


コメント

このブログの人気の投稿

Suhr RIOT mini レビュー

EP boosterのディップスイッチ

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利