JImi Hendrix / Band of Gypsys ギターは良いけど

イメージ
Jimi Hendrixの生前の最後のアルバム。活動期間1ヶ月のちょっと寄せ集め的なライブらしいと。確かにドラムとベースがちょっと探り合っている感じで初期のアルバムと比べるとドラムの手数も少ない。バンドとして熱くならない感じがちょっと残念。そんな中でもMachine Gunはサイケデリックなギターソロ。一見ギターではないような音ですが、この時代を象徴するような感じ。ジミヘンのライブといえばウッドストックのアメリカ国家な印象もありますが、Machine Gunもなかなか。


Orianthi / Violet Journey ブルーズ色の強い1枚

ローカルな感じで

 弾きまくっています。ギタリストが好きなように自主録音した的な感じです。Michael jacksonのTHIS IS ITで有名になったギタリスト。THIS IS ITに参加する前のものです。

 全くポップじゃないです。音もどちらかというとチープな感じで、録音した音をそのままな感じ。創り上げた感じのアルバムではないです。
 ギターを弾く身としてはこのあたりの雰囲気は大好きで聞き入ってします。


スタイルが特徴ありますね

 よく聞いているとサンタナっぽくもありスティーブヴァイっぽくもあり、いろんな面もありますがそれらがベースになってオリジナリティが出ています。
 1曲目のLight of MANOSなんてサンタナのような出だし。少し鼻の詰まった感じの抜けきらないトーンでアタックを効かせないで雰囲気を出しているあたり聴きいります。またロングトーンでヴィブラートを効かせたところで音量が上がるというのがギタリストならご飯が食べられるところかと。

 2曲目のHe's Goneなんかはアコースティックなリズムに70年代風な#9なコードを使って伸びやかなヴォーカル。

 3曲目のタイトル曲では8ビートなロックでインスト。ちょっと歪みすぎかと思うくらいのリードギターでザクザクとメロディを刻みます。

 セカンドアルバムの方がきっと有名でポップにまとまった1枚ですが、ギタリストであればこちらの方が聞きごたえがあるかも。


コメント

このブログの人気の投稿

Suhr RIOT mini レビュー

EP boosterのディップスイッチ

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利