JImi Hendrix / Band of Gypsys ギターは良いけど

イメージ
Jimi Hendrixの生前の最後のアルバム。活動期間1ヶ月のちょっと寄せ集め的なライブらしいと。確かにドラムとベースがちょっと探り合っている感じで初期のアルバムと比べるとドラムの手数も少ない。バンドとして熱くならない感じがちょっと残念。そんな中でもMachine Gunはサイケデリックなギターソロ。一見ギターではないような音ですが、この時代を象徴するような感じ。ジミヘンのライブといえばウッドストックのアメリカ国家な印象もありますが、Machine Gunもなかなか。


Lionsheart / Lionsheart 地味だけどよくまとまった1枚

地味だけど

 よくまとまった1枚だと。93年イギリスのロックバンド。パワーのあるヴォーカルとそれほど目立つわけではないのですがツボを押さえたギターが良い感じだと思っています。

 雰囲気として近いのはWhitesnakeだと、特にヴォーカルがデビカバに似た感じの押し出し感のある声を出す感じなので特にそう思います。アルバムの邦題が獅子の咆哮なのでが、まさに咆哮というのがぴったりなヴォーカル。
 曲的にはwhitesnake的なブルーズ感はあまりないのですがキャッチーでコンパクトにまとまった楽曲も並んでいたりでまとまった1枚です。
 
 このヴォーカルはとても良い声で表情があってうまいヴォーカルなのですが見た目がちょっと、というのはメタルファンの声。

 音としては英国バンドのイメージ通り湿った感じ。全体の音も重心低め、リバーブの効いた雨の日のような音。このバンドの音に男性的な野太い感じのヴォーカルが良い感じで乗ってきます。

 楽曲としてはキャッチーなメロディでドラマチックな展開があったりでポップな感じもあったり様式美的な感じもあったりで楽しめます。

 キラーチューンは5曲目のCan't Beleaveでしょうか。デビカバのような唸り声のイントロから始まり、リズムインしてからBメロのギターバッキングのジョンサイクス的なフレーズで曲の表情が出てます。
 サビは美コーラス。サビ後のつなぎでドラマチックに持ち上がって間奏のギターソロ。



コメント

このブログの人気の投稿

Suhr RIOT mini レビュー

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

EP boosterのディップスイッチ