ANGRA / Holy Land クラシカルが減る

イメージ
ANGRAのセカンド。ファーストの完成度が非常に高いので多少地味な感じもあります。印象としてはファーストの ジャーマンメタル+クラシカル、な感じが薄くなり南米的なリズムが増えている感じ。
 4曲目のCarolina IVや5曲目のHoly landなど民俗音楽的な雰囲気が印象的。メタルな雰囲気とは違いますが、違和感なく溶け込んでいる感じが流石。
 ANGRAらしいのは8曲目のZ.I.T.O.でしょうか。流石キコルーレイロな感じのスピードメタル。

D.T.R / DARING TRIVAL ROAR きっとTAIJIのやりたかった音楽はこういうものかと。

目指しているものがわかった気がします

 D.T.Rのセカンド。前作と比べるとさらに音楽性が広がった気がします。前作ではアメリカンな雰囲気もあったりファンクな感じもありましたが、根底では純粋なHR/HMな流れがあったかと思います。セカンドではそれだけにとどまらずにハーモニーとか音の雰囲気が重視されて楽曲も単純なHR/HMではなくなったなと。純粋にロックとか勢いが好きな人はちょっと退屈な感じもあるかもですが、この辺りがTAIJIの目指したものなのかなとファースト、セカンドを通して聴くとわかるような気がします。

 1曲目のBORDERLINEでは直球のスピードナンバー。2曲目のI BELIEVEではちょっとメジャーキーなAC/DC調。3曲目のKILL TRAPはダークでヘビーなロックナンバー。
 ここまでは一気に聞かせる感じですが、ここからが雰囲気変わります。ここからがTAIJIのやりたかったことなのかなと。Xなどでもちょいちょいその中では異色な曲を出していましたがそれが集まったような気がします。

 CHAINのような曲のハーモニーだったり、KALEIDOSCOPEのような浮遊感だったり。
 聞きようによってはEAGLESのようだったりPINK FLOYDのようだったりもします。

 全体としては大人な1枚として聞き応えのあるアルバム。


コメント

このブログの人気の投稿

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

320design Brown Feather レビュー