Trapeze / Hold On 美声

イメージ
Trapezeのラストアルバム。初期にはGlenn Hughesが在籍していたり、のちにWhitesnakeに加入するMel Galleyがいたりと聞く機会の多いバンド。そのラストアルバムでヴォーカルにUriah Heepに入ることになるPate Goalbyが美声を聞かせる。特に7曲目のRunningでは伸びのあるハイトーンで綺麗なコーラスとカッコ良い要素が多数。

D.T.R / DARING TRIVAL ROAR きっとTAIJIのやりたかった音楽はこういうものかと。

目指しているものがわかった気がします

 D.T.Rのセカンド。前作と比べるとさらに音楽性が広がった気がします。前作ではアメリカンな雰囲気もあったりファンクな感じもありましたが、根底では純粋なHR/HMな流れがあったかと思います。セカンドではそれだけにとどまらずにハーモニーとか音の雰囲気が重視されて楽曲も単純なHR/HMではなくなったなと。純粋にロックとか勢いが好きな人はちょっと退屈な感じもあるかもですが、この辺りがTAIJIの目指したものなのかなとファースト、セカンドを通して聴くとわかるような気がします。

 1曲目のBORDERLINEでは直球のスピードナンバー。2曲目のI BELIEVEではちょっとメジャーキーなAC/DC調。3曲目のKILL TRAPはダークでヘビーなロックナンバー。
 ここまでは一気に聞かせる感じですが、ここからが雰囲気変わります。ここからがTAIJIのやりたかったことなのかなと。Xなどでもちょいちょいその中では異色な曲を出していましたがそれが集まったような気がします。

 CHAINのような曲のハーモニーだったり、KALEIDOSCOPEのような浮遊感だったり。
 聞きようによってはEAGLESのようだったりPINK FLOYDのようだったりもします。

 全体としては大人な1枚として聞き応えのあるアルバム。


コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー