BOØWY / PSYCHOPATH 出来は良いのですが

イメージ
BOØWYのラストアルバム。音も曲も良いのですがちょっと無機質な感じがあります。前半メジャーキーな曲が並び、後半はマイナーキーが並ぶ構成でなんとなく解散に向かう雰囲気を感じます。
 個人的にはFANTASIC STORYがカッコ良い。サビに入るところのガラッと変わる展開がカッコ良い。この展開が耳に残る。

Psychedelix / Psychedelix II アダルトな雰囲気

よりアダルトな雰囲気

 94年のPsychedelixのセカンド。これは発売当時よく聴きました。ファーストよりも曲自体はポップになりつつもギターの音が立つ感じで、ベースのフレットレスもキャラクターが立っています。

 ホーンセクションが入りそうなビッグバンド的な曲もあったりギターオリエンテットな曲もあったりバラードもあったりと多彩になりアルバムとしても楽しめます。ファーストよりも東京発のアダルトなロックな感じ。昔の六本木のようなアダルトな雰囲気が合う感じ。

 1曲目のRowdy Boysはギターロックな感じ。ミドルテンポにエッジの効いたドライブギター。間奏では珍しくツインリード。
 In Youe Eyesなどゆったりした大人な曲を挟みつつ、5曲目のHey Jimi。これはJimi Hendrixを歌った曲。この曲は6弦をDにして弾いていますね。サビ最後のヴォーカル、ギターのユニゾンのキメがカッコ良い。

 またバラードを挟みつつ、Livin in Tokyo。ビッグバンド的なジャズ的なファンク的な感じがカッコ良い。
 これで盛り上げつつラスト前のCrying  Shameがキラーチューンでしょうか。サビのメロディが印象的でフレットレスベースもブリブリ聞かせています。


コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

Suhr RIOT mini レビュー

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足